SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、テレビスポット広告枠購入の新手法をサービス提供開始 広告効果の獲得効率を事前に確認

 電通は、テレビ視聴データやサイト来訪データなど、様々なマーケティングデータを活用したテレビスポット広告枠の購入手法「Effective Spot Planning(エフェクティブ・スポットプランニング)」を開発し、サービス提供を開始した。

 同サービスでは、広告主のマーケティングターゲットを可視化し、ターゲットの視聴時間帯を特定。広告効果の獲得効率を事前に確認して広告枠の購入を行うことで、より効果的なテレビスポット枠の活用が可能となる。

 今回開発した購入手法では、テレビスポット広告枠購入のゾーン(時間帯)設定において、獲得が期待されるターゲット視聴量や広告効果を推定するロジックを活用。また、スポット広告枠の出稿を有効ゾーンに絞った際の購入コストをあらかじめ把握することで、獲得が期待されるターゲット視聴量や広告効果の獲得効率を事前に確認し、従来のゾーンと比較・検討できるようになる。

Effective Spot Planning 提案フロー
Effective Spot Planning 提案フロー

 なお、「Effective Spot Planning」に活用するデータは、曜日・時間帯別にターゲット層の視聴の多寡を可視化したヒートマップ形式のデータであれば、視聴率以外の視聴質データ(主に視聴者がテレビを注視している割合などを計測した指標)や購買データ、サイト来訪データを活用することも可能。これにより、様々なクライアントニーズに対応することができる。

 また、電通と電通デジタルが運営するテレビの実視聴ログに基づく広告配信・効果検証の統合マーケティングプラットフォーム「STADIA(スタジア)」のデータとも連携することでより高度なPDCAが可能になる。

【関連記事】
ラクスル、テレビCM効果測定ツール「ノバセルアナリティクス」にCPA計測機能を追加
NTTドコモら、テレビCM・Web広告・デジタルOOHの接触から購買までの効果測定をID単位で可能に
ラクスルとウェザーニューズが協業を開始 全国エリアを対象に「天気連動型テレビCM」の放映が可能に
電通、業種別のマーケティングターゲット区分に基づくテレビ広告の提案を推進 新サービスで広告枠を評価
インテージ、都道府県別・放送域別にテレビ番組の視聴者データを確認できる「AREA TV」をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング