SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソースネクストが「第4のZERO」、更新料無料の「ホームページZERO」を発表

好評ホームページ作成ソフトの第4弾

 ソースネクスト(東京都港区:松田憲幸社長)は4月21日、更新料無料のホームページ作成ソフト「ソースネクスト ホームページZERO」を5月21日に発売すると発表した。

 同社はこれまでにも、対応するOSの公式サポート期間終了まで無料でバージョンアップを行うPCソフト「ZEROシリーズ」をリリース。06年7月の「ウィリスセキュリティZERO」を皮切りに、これまでに携帯電話ソフト「ソースネクスト 携快電話ZERO」(07年6月)、ハガキ・住所録作成ソフト「ソースネクスト 筆王ZERO」(07年9月)を発売し、好評を得てきた。その第4弾が、今回開発された「ホームページZERO」だ。

 更新料無料だけが特長ではなく、中身も充実している。①テーマの選択、②レイアウトの選択、③ページの選択、④ページの確認、の4ステップで簡単にサイト作成ができ、ビギナーにも優しく配慮。3万点以上の素材・テンプレートを収録し、好みのものをドラッグ&ドロップするだけで、サイト全体、もしくは各ページのデザインやリニューアルが手軽にできる。

デザインやリニューアルも手軽にできる「ホームページZERO」

 また、後からページやリンクを作成した場合も、自動的にメニューバーにリンクが生成される「自動メニューリンク作成・変更」機能も搭載。さらに、Amazonアソシエイト・プログラムや楽天アフィリエイトプログラム、Googleガジェットの挿入機能も搭載。今後も、アクセス解析やドロップシッピングなど、ウェブサービスとの連携を図っていく予定だ。もちろん、素材やテンプレートの追加もあり、これらすべてのサービス更新が無料で受けられる。

Amazonアソシエイト・プログラムとの連携もかんたんだ

 ラインナップは通常版(9800円)のほかに、乗換え版、学割版(ともに6980円)もあり、これに加えて、フラッシュ作成ソフトをセットにしたプレミアムパック(通常版:1万2800円)も用意した。

 松田憲幸社長は「PCソフトが売れないのは、バージョンアップのアップの度に買わされるから。無料でバージョンアップすれば、市場は大きくなると思う。『ホームページZERO』では50%以上のシェア、業界1位を目指たい」と意気込みを語った。

・ソースネクスト(http://www.sourcenext.com/
・製品情報(http://www.sourcenext.com/titles/hob/92010/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/23 16:33 https://markezine.jp/article/detail/3433

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング