SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2009年3月卒の求人総数は過去最高水準を更新、人材確保難から採用意欲は継続【リクルートとワークス求人倍率調査】

 「第25回 ワークス大卒求人倍率調査(2009年卒)」は、従業員規模5人以上の全国の民間企業7,477社を対象に調査を行い、4,347社から回答を得た。この調査における「大卒求人倍率」の定義は、民間企業への就職を希望する学生1人に対する、企業の求人状況を算出したもの。

求人総数は過去最高、しかし業種によっては厳しい状況も

 来春2009年3月卒業予定の大学生・大学院生を対象とする、全国の民間企業の求人総数は、昨年より1.5万人増加して94.8万人。昨年に引き続き、求人総数は調査開始以来の最高水準が更新された。この背景には、中途採用を含めた人材確保難から採用意欲が継続されていることがうかがえる。

 また、学生の民間企業就職希望者数は、0.7万人増の44.3万人。その結果、需給バランスである求人倍率は2.14倍となった。「従業員1000人未満企業」の求人総数は73.9万人で、求人倍率は4.26倍。「従業員1000人以上企業」の求人総数は20.9万人で、求人倍率は0.77倍となっている。

 また、業種別の求人総数を見ると、「製造業」が43.8万人で求人倍率は2.64倍、「流通業」は36.1万人の7.15倍と学生優位の状況が続いている。一方、「金融業」の求人総数は1.8万人で求人倍率は0.35倍、「サービス・情報業」は13.1万人で0.75倍となっており、いずれも学生にとっては厳しい就職状況となっている。

【関連リンク】
大学生が就職したい企業1位に「全日空」が返り咲き、ダイバーシティ評価では資生堂が圧倒的No.1
学生の内定社数は4年連続で増加、「内定辞退したことある」65.2%【リクルートの就職白書2007】
国内最大級40万件の情報にアクセスできる、メガ求人サイト「シゴト.in」オープン
08年第2新卒採用「上向き」予想が半数以上 求められるのは「社会人としてのマナー」

「第25回 ワークス大卒求人倍率調査(2009年卒)」(PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/22 19:56 https://markezine.jp/article/detail/3437

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング