SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

旅行者のインサイト提供へ トリップアドバイザーが「Tripadvisor Navigator」を発表

 旅行プラットフォームのTripadvisor(以下、トリップアドバイザー)は、オーディエンスターゲティング、インサイト、およびパフォーマンスレポートを提供する独自の自社データプラットフォーム「Tripadvisor Navigator」を発表。同プラットフォームにおける最初のパートナーの一つとして、アブダビ文化観光局が提携した。

 同プラットフォームでは、トリップアドバイザーの持つ1次データを活用して、カスタムオーディエンスをリアルタイムでターゲットにできるようになる。トリップアドバイザーのメディアソリューション全体を対象としており、トリップアドバイザーサイトのほか、FacebookおよびInstagramにおけるトリップアドバイザーのオーディエンスセグメントも含まれる。

 トリップアドバイザーでは、サイトの閲覧データ、設定フィルター、旅行者の予約意図など、自社プラットフォームにおける旅行者の実際の相互作用から行動分析している。これらのデータにより、旅行の適切なタイミングを見極め、広告主に対して意欲的なオーディエンスセグメントを結び付けることが可能となる。

 同プラットフォームを活用することで、広告主は旅行者の宿泊施設やフライトの検索から、レストランや旅先での体験を調べ、帰国後に口コミを書くところまで、旅行のあらゆる段階で毎月4億6,000万人を超える利用者にリーチすることが可能となる。利用は世界中で可能であり、旅行観光業以外の企業・広告主にも利用できる。

 アブダビ文化観光局では、今年の年末にスタート予定の最新のキャンペーンに同プラットフォームを活用。今回の連携では、トリップアドバイザーの利用者にアブダビを一番の旅先として周知することを目標とし、意欲的な旅行者に対してアブダビの魅力を発信し、効率的なコンバーションの提供を目指す。

 なお、アブダビ文化観光局などのパートナーは、オーダーメイドのインサイト用ページから独自のパフォーマンスダッシュボードを利用し、リアルタイムでパフォーマンスの推移を見ることが可能。旅行者が目的地をどのように検索しているか、比較している目的地などに関するマーケット別のインサイトを得ることができる。

【関連記事】
トリップアドバイザー、広告データサービス「TripAdvisor Connect」を正式提供
羽田空港でデジタルOOHの運用へ AnyMind Groupと全日空商事がトラベル領域でのDXを推進
ブレインパッド、「温泉旅DMP」をゆこゆこと構築し、データ活用マーケティングを高度化
グルメサービス「Retty」、食領域のビッグデータ連携基盤を提供 出光興産の旅行関連サイトと連携開始
AnyMind、自治体・観光団体向けにインバウンド領域のDX支援サービス「Inbound X」提供 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/25 12:30 https://markezine.jp/article/detail/34412

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング