MarkeZine(マーケジン)

記事種別

メルカリなどを顧客に持つBraze、ジャパン・クラウドと合弁で日本法人を設立

2020/10/14 13:15

 Brazeとジャパン・クラウド・コンピューティングは、合弁での日本法人設立を発表した。

 Brazeは、統合型カスタマーエンゲージメントプラットフォーム「Braze」を提供する企業。同社は、Forbesが選ぶ未上場の有望なクラウド企業トップ100社「Forbes Cloud 100」に3年連続選出され、プラットフォームは現在50ヵ国で、バーガーキング、Gap、HBO、メルカリなど900社以上に導入されている。

 一方ジャパン・クラウドは、ブラックライン、コンカー、マルケト、New RelicなどのSaaS企業の日本進出および、中長期的な成長を支援している企業。今回の日本法人設立を通じ、Brazeのテクノロジーを提供し、日本企業が自社の顧客とダイレクトに有意義な関係を築く機会を提供していく。

 Brazeのプラットフォームは、企業内外の多様なデータとシステム連携することで、消費者一人ひとりに最適化されたブランド体験の提供を可能にするもの。モバイルを中心とした複数の顧客接点において、リアルタイムかつ、一貫性のあるコミュニケーションを実現し、消費者と企業ブランド間のつながりと一体感を育む。

 Brazeの顧客は、小売、電子商取引(EC)、メディア&エンタテインメント、金融サービスなどの分野において利用しており、25億人以上の月間アクティブユーザー(MAU)に毎日平均25億件のメッセージを送信している。

【関連記事】
シンカー、AIがカスタマージャーニーを自動で分析・可視化する「CASTORY」を提供開始
カスタマーエンゲージメント研究会が設立 企業と顧客の継続的な関係における測定指標の開発へ
トランスコスモス、カスタマージャーニー診断サービス「CX-RAY」を提供 複数チャネル横断で可視化
アドビ、顧客体験管理のための「Adobe Experience Platform」の国内提供を開始
米Apptio、日本法人を設立 代表取締役社長に元日本マイクロソフトの成塚歩氏が就任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5