SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ギブリー、LINEを活用してユーザーのインサイトを診断する「診断メーカー」のサービスを開始

 ギブリーは、LINEが提供する、LINE APIと接続できるアプリケーションを提供するLINEの法人向けサービス「LINEマーケットプレイス」において、自社のLINE公式アカウントに友だち登録されているユーザーのインサイトの診断を可能にするアプリ「診断メーカー」の提供を開始した。

 同アプリは、LINE APIを通じてLINE公式アカウントと連携し、友だち登録されているユーザーに対し、チャットボット技術を活用して様々な質問を投げかけることを可能にするもの。

 これにより、「本当は何を求めているのか」といったインサイトを引き出して、それぞれの属性やタイプに分類や可視化することが可能になり、ユーザー個々に対して適切なレコメンド商品の提案ができるようになる。

 また、同一の機能を応用することで、クイズ形式のコンテンツを表現することや、よくあるご質問をチャットボットで自動応答することも可能となる。

 診断コンテンツ内で使用する「質問や会話」は、ドラッグ&ドロップや、線を引っ張ってつなげるなどの直感的な操作で作成が可能。作成した「質問や会話」は、LINEのトーク画面上で表示され、ユーザーの回答内容に応じた診断結果を出し分けることができる。

 診断コンテンツに回答した内容はユーザーラベル機能で記録され、どのようなユーザーがどのくらいの割合で友だち登録しているのか、分析することが可能となる。

【関連記事】
SalesforceにLINE・SMSを連携する「PHONE APPLI LINER」の提供を開始
トランスコスモス、“LINEの休眠している友だち”のアクションを促す「クリックZOSAN」を提供
CCI、LINE公式アカウントの運用を一気通貫で手掛けるコンサルティングサービスを提供
松竹、LINE、Sproot が「松竹DXコンソーシアム」を設立 エンタテインメント業界のDX推進へ
ADK MSとADDC、LINEチラシの取り扱いを開始 クライアント企業のO2O支援を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング