SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

今後DXが進むテレビCM出稿のプロセス、最多の回答は「結果振り返りと戦略アップデート」【サイカ調査】

 サイカは、独自の広告調査・研究レポートとして、「企業の広告宣伝担当者209人に聞いた テレビCM出稿のDX化に対する意識調査」を実施し、結果を発表した。

最もDXが進んでいないプロセスは「出稿・運用した結果の振り返り、戦略戦術設計のアップデート」

 テレビCM出稿に関わる一連のプロセスの中で、現在まだDXが進んでいないと思うプロセスを調査したところ、最もDXが進んでいないプロセスとして挙げられたのは「出稿・運用した結果の振り返り、戦略戦術設計のアップデート(36.8%)」だった。次いで「出稿・運用(29.2%)」、「戦略戦術設計(28.7%】」も、約3割の人がまだDXが進んでいないと回答している。

【図】DXが進んでいないと思うプロセス(Q1)

【図】DXが進んでいないと思うプロセス(Q1)

※テレビCM出稿に関わる一連のプロセスは、下記のように定義。
・戦略戦術設計(数値計画、ターゲット設定、訴求設定など)
・実行プラン策定(予算のエリア配分、局配分、線引き、フライトパターン設定、クリエイティブ設計など)
・出稿・運用
・出稿・運用した結果の振り返り、振り返りに基づく戦略・戦術のアップデート
・上長・経営陣への報告

今後DX化が進むと想定されるプロセスも「結果の振り返り」に

 Q1で「現在はまだDXが進んでいない」と回答したプロセスのうち、今後数年間でDX化が進むと想定されるプロセスを調査し、回答を得た(複数回答)。今後数年間でDX化が進むと考えられるプロセスとして最も多く挙げられたのは、Q1と同じく「出稿・運用した結果の振り返り、戦略戦術設計のアップデート(62人)」だった。次いで「出稿・運用(49人)」「実行プラン作成(42人)」と続いている。

【図】今後数年間でDXが進むと思うプロセス(Q2)
【図】今後数年間でDXが進むと思うプロセス(Q2)

DXの進行によりもたらされるメリット

 Q1、Q2ともに1位であった「出稿・運用した結果の振り返り、戦略戦術設計のアップデート」のプロセスについて、DXの進行によって得られると思うメリットを調査したところ、DXの進行によって得られると思うメリットとして「業務が効率化・簡略化され、楽になる(業務にかかる工数が軽減される)(25.8%)」「精度が上がり、事業成果がより獲得できるようになる(25.8%)」が同率1位となった。

【図】DXが進むことにより得られると思うメリット(Q3)
【図】DXが進むことにより得られると思うメリット(Q3)

【調査概要】
調査主体:サイカ
調査名:企業の広告宣伝担当者209人に聞いたテレビCM出稿のDX化に対する意識調査
調査対象期間:2020年10月
調査方法:Webアンケート調査
調査対象:以下の条件を満たす209人の広告宣伝担当者
・テレビCMを出稿している企業の勤務者(テレビCMのみを出稿している企業に限定せず、並行してその他のオフライン広告やインターネット広告を出稿している企業も含む)
・その企業にて、テレビCMの広告出稿業務、並びに出稿した広告の効果測定業務に現在従事している者

【関連記事】
上半期、テレビCMの放送回数・時間は減少/Uber Eatsら大幅増の企業も【ゼータ・ブリッジ調査】
広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も 年末に向けた新型コロナの影響を警戒【帝国データバンク調査】
貯金をしている20代は男女ともに7割以上 資産運用をしている人は微増という結果に【テスティー調査】
O2Oアプリの導入数、過去5年で大幅に伸長するもDL数は昨年比で減少傾向に【ヤプリ調査】
ウェブサイト価値ランキング2020、ANAが首位獲得/JAL、ユニクロが続く【トライベック調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング