SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、動画共有サービスの広告配信推奨リストを提供 ブランドセーフティ強化

 電通デジタルは、動画共有サービスにおいてブランドセーフティな広告配信を可能にする配信推奨チャンネルリスト提供サービス「Safe Video List(セーフビデオリスト)」の提供を開始した。

 同サービスは、Momentumと共同開発した「HYTRA DASHBOARD Channel Safe List(ハイトラダッシュボードチャンネルセーフリスト)」をベースとした電通デジタルのチャンネルリストを提供するものだ。機械的な判定アルゴリズムの構築に加えて、精度を保つために専任のオペレーターによる目視でチェックを行い、ブランドセーフティなチャンネルを選定。また、電通グループの行動指針「Clear Code(クリア・コード)」に基づき運用していく。

Clear Code

 近年デジタル広告において、不適切なサイトに広告が掲載され、広告主のイメージ低下を招くブランドセーフティの問題が指摘されていた。

 動画共有サービスにおける広告配信は、日本国内においても主要な広告配信先として多くの広告主、広告代理店に活用されている。膨大な広告在庫がある一方でCGM(Consumer Generated Media、消費者生成メディア)という特性上、ユーザーが投稿した様々な動画が存在し、配信メディア側でコンテンツの精査が行われているものの、人手でチェックして不適切なコンテンツを除外するのは不可能な状況となっているため、同システムの開発に至った。

【関連記事】
電通デジタル、Nintと共同で中国越境ECの進出支援を開始 中国ECの市場調査サービスを提供
電通デジタル、デジタルコマース領域の統合的な支援へ 100人規模の全社横断専門組織を発足
電通デジタル、デジタル広告の「最適な表示回数の上限」を算出するツールを提供開始
リアル体験を置き換えたデジタルサービスは、継続意向が低い傾向に【電通デジタル調査】
電通デジタル、NEW STANDARDと業務提携 ブランドの立ち上げ・再創造を支援するサービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/28 10:00 https://markezine.jp/article/detail/34706

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング