SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

PAEとPR Newswireが業務提携 中国・東南アジア諸国のメディアに向けた広報サービスの展開へ

 PAエンタープライズ(以下、PAE)は、企業広報通信サービス「PR Newswire」を手がけるPR Newswire Asia(以下、PR Newswire)と業務提携し、中国・東南アジア諸国のメディア向けの広報サービスを展開することで合意した。

 今回の提携によりPAEの顧客は、中国・東南アジアを含む170カ国・40言語・30万以上のメディアやオンラインサイトへの広報配信をワンストップで実施することが可能に。たとえば中国において、Vogue ChinaやTencentなどのメディアへの配信をより簡単に行えるようになる。

 またPAEは、日系企業の海外進出をクリエイティブ面から支援してきたユビークとも業務提携し、プレスリリース記事作成やプロモーション動画制作のサービスも開始する。

 これによりPAEでは、広報配信において配信先カテゴリーの選択、配信登録作業、管理業務、レポーティングに対応するほか、各国への翻訳や広報コンサルティング、クリエイティブ制作などについても対応することが可能になる。

 なおPAEでは、2020年11月25日(水)にPR Newswire、キレイコムと共催で中国・東南アジアへの越境ECマーケティングセミナーを開催する。中国・東南アジアのECプラットフォームを活用したECの初め方、広報マーケティングのノウハウ、現地メディアからの集客とファンの作り方などが語られる予定だ。

【関連記事】
プラップノード、広報PRのDXを推進するクラウドサービス 「PRオートメーション」 β版を提供開始へ
AP通信、海外広報サービスを日本で開始 企業の目的に合わせたコンテンツを提案・制作し契約社などに配信
エンファクトリー、副業・フリーランスのPR人材を紹介するマッチングサービス 「PRプロクル」を開始
PR TIMES、オンライン完結型の記者発表プランを提供 パソコン一つでプレスイベントが可能に
マイクロアド台湾、越境ECなど台湾進出支援を強化 女性向けメディア「Japaholic」の運営を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング