MarkeZine(マーケジン)

記事種別

広告主間でテレビスポット広告枠を組み換え、CM効果を向上 電通が「RICH FLOW」(β版)を開発

2020/10/30 13:30

 電通は、テレビスポット広告において、複数の広告主間で広告枠の組み換えを行い、広告効果を向上させる最適パターンを提案する新システム「RICH FLOW(リッチフロー)」(β版)を開発した。

 同システムは、電通の知見とノウハウ、AIを活用し、広告主の出稿条件などを守りながら、よりニーズに近い広告枠への組み換えパターンの特定を可能にするもの。

 たとえば、天候・気象条件に合わせてCMを流したい広告主と、特定のターゲットの視聴率をより多く獲得したい広告主、両社のキャンペーン出稿条件を確認しつつ、双方のニーズを高める広告枠の組み換えパターンを特定。対応可能な放送局と連携してこれらの組み換えを実施することで、より目的に沿った広告出稿が実現する。

<RICH FLOW概念図>
RICH FLOW概念図

 同社では、同システムの開発を通じ、テレビ広告枠ターゲット層の視聴の多寡を可視化した「People Driven TV Heatmap」の活用を進めていく。

【関連記事】
今後DXが進むテレビCM出稿のプロセス、最多の回答は「結果振り返りと戦略アップデート」【サイカ調査】
上半期、テレビCMの放送回数・時間は減少/Uber Eatsら大幅増の企業も【ゼータ・ブリッジ調査】
全国でのクロスメディア広告効果測定が可能に インテージが「i-SSP」のテレビ視聴パネルを全国化へ
CCCマーケティング、テレビCM出稿分析ツールを全国32の放送エリアで提供開始
サイカ、成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」を提供 シュミレーションでROI最大化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5