SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

BOOKS

ユーザー体験を向上させる文章術を学びたいときの1冊、『ビジネスマンのための新教養 UXライティング』

 ユーザーの体験を向上させて行動を促す文章、書けているでしょうか。特にマーケティングに従事する方にとって、Webサイトやコンテンツ、メルマガ、SNS、あるいはメールなど様々な場面で文章を作成・チェックする機会が多いと思います。

 そうした文章に必要なのは自分たちの伝えたいことを詰め込むのではなく、ユーザーの課題を解決し、ビジネスの成長につながるような行動を促すことです。そのための手法として、近年、UXライティングが注目されています。

 UXライティングとは、ユーザー(読み手)の体験を助け、体験の価値を高めるように配慮した文章術のこと。UXライティングはマーケターに限らず、文章でコミュニケーションする機会のある方すべてに必要なスキルです。

 そこで今回は、MarkeZineを運営する翔泳社から11月30日(月)に発売したばかりの『ビジネスマンのための新教養 UXライティング』を紹介します。

 本書ではUXライティングがなぜ必要とされているのかを説明し、ユーザーの利用状況や課題・ニーズの明確化といったプロセスから実際の文章の書き方までしっかりと解説。文章例を多数掲載しているので、自分ならどのようにユーザーを理解して文章を書くかと考えながらUXライティングの手法を理解できます。

 ユーザーや相手が気持ちのよい体験をできるようにサポートし、そのうえで望ましい行動をしてもらうための文章を書きたい方におすすめです。

目次

第1章 UX(ユーザー体験)がビジネスを変える
第2章 UXライティングで課題を解決する
第3章 UXライティングのプロセス
第4章 わかりやすくなる書き方のポイント、UXのスタイルガイド
第5章 よりよく伝える改善の取り組み

ビジネスマンのための新教養 UXライティング

Amazon SEshop その他

ビジネスマンのための新教養 UXライティング

著者:髙橋慈子、冨永敦子
発売日:2020年11月30日(月)
定価:1,680円+税

本書について

「ユーザー体験」「読み手への配慮」という視点は、Webサイトやアプリの制作に携わっている方はもちろん、一般ビジネスマンにとっても必要な考え方、スキルの1つとなりました。そこで本書では、具体的な例を通してUXライティングの手法を紹介しています。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング