SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本オリンピック委員会、デジタル戦略ディレクターを副業・兼業限定で公募

 日本オリンピック委員会(JOC)は、東京2020大会とそれ以降において継続的にスポーツの価値を発信していくために、「デジタル戦略ディレクター」を副業・兼業限定で公募する。

 JOCでは、オリンピック期間に限らず、多くの人に向けてオリンピックやスポーツへの継続的な関心を喚起するとともに、相互理解や共生社会づくりのきっかけなどスポーツの持つ可能性を多面的に伝え続ける環境づくりに取り組んでいる。

 今後その活動の一環として、オフィシャルサイトやSNSを活用したファンプラットフォームを新たに構築し、より多くの人に向けた、スポーツの価値やJOCの活動の発信をオンラインで行っていく予定だという。

 今回の公募は、この活動を推進するために、スポーツ界に限らず外部の知見を積極的に活用し、ビジネスで培った高度な知見、広い視点でプロジェクトを促進できる優秀な人材の登用を行うべく実施するもの。公募期間は、2020年11月18日(水)から2020年12月15日(火)までとなる。

【関連記事】
転職サイト「キャリトレ」、日本フェンシング協会の若手・マーケティング人材を公募
マーケターキャリア協会が新プログラムを発表 ミツカンなどと新卒採用支援/マーケターの行動特性を視覚化
ロールモデル不在?マーケターが見据える5年後、10年後のキャリア【ベーシック調査】
マーケターキャリア協会が3大プロジェクトを発表 著名マーケター11名によるメンタリングも
スポーツ系メディア5社とTeads、スポーツ関心層向けPMPを共同発表 inRead広告が配信可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/11/19 16:30 https://markezine.jp/article/detail/34913

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング