SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2020年、10代に流行ったものは? あつ森・ツイステ・鬼滅などトレンドを総復習【Simeji調査】

 バイドゥが提供するキーボードアプリ「Simeji」は10代のSimejiユーザーへアンケート調査を行い、その結果をランキング化した「Simejiランキング」を発表した。

第1位 鬼滅の刃

 10代に最も支持され、2020年のトレンドとして堂々の第1位に輝いたのは吾峠呼世晴(ごとうげ こよはる)による漫画「鬼滅の刃」だ。空前の「鬼滅」ブームが到来しており「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」も記録的な観客動員数で大ヒットを収めている。

第2位 ディズニー ツイステッドワンダーランド

 スマートフォンゲーム「ディズニー ツイステッドワンダーランド」通称「ツイステ」がランクイン。ディズニー作品の悪役たち(ヴィランズ)をモチーフとしたキャラクターが登場する学園アドベンチャーゲームだ。個性的かつイケメンなキャラクターたちの声は花江夏樹や岡本信彦など豪華な声優陣が担当しており、さらにディズニーの細やかなストーリー展開が魅力となっている。

第3位 あつまれ どうぶつの森

 ステイホーム中の新しいコミュニケーションの1つとなったNintendo Switch用ゲーム「あつまれ どうぶつの森」が第3位に。直接人と会えない期間も「あつ森」を通してゲームの中でみんなに会えるという楽しみが浸透し支持された。

第4位 夜に駆ける(YOASOBI)

 小説を音楽にする2人組の音楽ユニット、YOASOBIのデビュー曲「夜に駆ける」が第4位にランクイン。YouTubeでは再生回数が1億回(※2020年11月時点)を突破し、今多くの若者に熱く支持されていることがわかる。

第5位 NiziU(ニジュー)

 日韓オーディション・プロジェクトで1万人の中から選び抜かれた9人組のグローバル・ガールズグループ「NiziU」。自分の夢に向かって頑張る姿と彼女たちのひたむきな努力に多くの共感が集まり、プレデビューとなるデジタルミニアルバム「Make you happy」も大ヒットをした。

第6位 未満警察 ミッドナイトランナー

 土曜ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」(日本テレビ系列)が第6位にランクインした。中島健人(Sexy Zone)と平野紫耀(King&Prince)のW主演で10代の大きな関心を集めた。

第7位 香水(瑛人)

 SNSで注目を集め、大ブレイクを果たした「香水」。YouTubeで多くのアーティストや有名人がカバーをして話題となった。

第8位 恋はつづくよどこまでも

 火曜ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBSテレビ系列)が、通称「恋つづ」が第8位に。「魔王」と呼ばれる毒舌超ドSなドクター天堂浬(佐藤健)とそんな魔王に憧れ好意を抱き挫けず突き進む姿から「勇者」と呼ばれる佐倉七瀬(上白石萌音)の姿を描いたラブコメディ。さりげない優しさやツンデレに胸キュンせずにはいられない数々の名シーンが満載で10代に多くの共感を呼んだ。

第9位 オンラインライブ

 2020年はエンタメ界では公演中止などが相次ぎ心待ちにしていたライブに行けなくなる中、新たに登場したのが「オンラインライブ」だ。サザンオールスターズ、いきものがかり、サカナクション、BTS、そして最近では嵐の「アラフェス2020 at 国立競技場」など数多くのアーティストにより開催、配信された。

第10位 ぺこぱ

 「時を戻そう」「悪くないだろう」など一度聞くと忘れられないフレーズで大人気の芸人「ぺこぱ」が第10位にランクイン。つっこんでいるようでつっこまない、誰も傷つけずすべてをポジティブに肯定するという新しいスタイルがウケている。

【調査概要】
10代2,300人が選ぶ「10代トレンド 2020」 TOP10
集計期間:2020/10/29~2020/11/17
調査対象:10代男女
有効回答数:2,369名

【関連記事】
バイドゥ、中国越境ECサービス「百分百(バイフンバイ)/baifenbai」を提供開始
The Trade Desk、バイドゥ、アリババ、テンセントのメディアと連携!中国市場へリーチ可能に
バイドゥ、「Snapchat」と連携 日本での広告販売を開始
博報堂とバイドゥが戦略的パートナーシップを締結 中国市場への新プラニングソリューションを開発
関西地方への訪日中国人観光客、4割が買い物目的【バイドゥ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング