SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スーパーで充実させてほしい商品は青果や生鮮食品 コンビニでは?/ロイヤリティ マーケティング調査

 ロイヤリティ マーケティングは、小売店や飲食店における食品購入での利用状況や、消費者の意識を把握する「食品リテールに関する消費者意識調査」を公開。以下、一部内容を紹介する。

最も利用意向が高かった業態は?

 食品の購入で利用している業態を聴取したところ、内食関連では「スーパーマーケット」(94.2%)、「ドラッグストア」(80.8%)、「コンビニエンスストア」(78.8%)、「100円ショップ/100円ストア」(73.3%)、「ネットショッピング」(60.3%)、「ディスカウントストア」(49.0%)、「食材宅配サービス」(13.8%)という結果に。中食関連では「店内飲食」(54.8%)、「テイクアウト/持ち帰り」(44.4%)、「食品デリバリー/出前注文」(23.4%)となった。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

 今後利用したい業態は、内食関連では「スーパーマーケット」(79.3%)が最も高く、「ドラッグストア」(62.4%)、「コンビニエンスストア」(61.2%)、「100円ショップ/100円ストア」(56.0%)、「ネットショッピング」(48.4%)、「ディスカウントストア」(40.2%)、「食材宅配サービス」(15.0%)と続いた。中食関連では「店内飲食」(41.9%)、「テイクアウト/持ち帰り」(34.1%)、「食品デリバリー/出前注文」(21.1%)となった。

コロナ禍で利用が減った業態は飲食以外にも

 1年前に比べて利用が増えた業態は「ネットショッピング」「スーパーマーケット」「テイクアウト/持ち帰り」がTop3に。一方で、利用が減った業態は「店内飲食」が52.2%で突出。「コンビニエンスストア」「ディスカウントストア」「100円ショップ/100円ストア」が続いた。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

充実させてほしい商品は?【業態別】

 充実させてほしい商品を生活者に聞いたところ、スーパーマーケットでは「野菜・果物」「肉・魚の加工前生鮮食品」が3割強、次いで「パン・ベーカリー」「惣菜・サラダ」「弁当類」「冷凍食品」が2割弱だった。一方で、コンビニエンスストアでは「弁当類」が19.5%と最も高く、次いで「パン・ベーカリー」(15.9%)、「菓子類」(14.8%)となった。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

テイクアウト/デリバリーへの要望

 テイクアウト/デリバリーへの要望としては、「少量から注文できる」(57.0%)、「持ち帰りやすい容器の提供」(54.6%)、「予約のしやすさ」(53.8%)、「低価格商品の充実」(48.0%)、「決済方法の充実」(47.3%)が上位に並んだ。商品以外にサービス面を重視する傾向がうかがえる。

(タップで拡大)

(タップで拡大)

【調査概要】
調査主体:ロイヤリティ マーケティング
調査方法:インターネット調査
調査期間: 2020年8月28日~9月4日
パネル:「Pontaリサーチ」会員(Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録しているユーザー)
調査対象:5,000人

【関連記事】
2020年、売れたものランキング:上位は衛生用品、その他「鬼滅の刃」関連が躍進/インテージ調査
コロナ禍の年末年始、「出かけず家で過ごす」が6割超え 感染者急増を背景に/クロス・マーケティング調査
60代の約6割がSNS利用 高齢層のスマホ行動がコロナ禍で多様化/博報堂DYメディアパートナーズ調査
オンライン購入で直販を選ぶ理由、「アフターサービスに期待している」が多数/ネオマーケティング調査
国内企業のCXランキングTOP50:くら寿司、ヨドバシカメラらが躍進/C Space Japan調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング