MarkeZine(マーケジン)

記事種別

TVISION、タイム提供番組選定のための新ツールをリリース アテンションベースでのリーチを最大化

2020/12/03 07:00

 TVISION INSIGHTS(以下、TVISION)は、テレビが注視されているかというアテンションベースでのリーチを最大化するタイム提供番組選定ツール「タイムA-URシミュレーター」の提供を開始した。

クリック/タップで拡大
クリック/タップで拡大

 タイムA-URシミュレーターは、同社が取得・提供する、アテンションデータ(視聴者がテレビを注視しているかを表すデータ)に基づきリーチを判定し、アテンションベースでのユニーク・リーチを最大化するような提供番組の組み合わせをシミュレーションできるツール。従来データサイエンティストが手をかけて行っていた、複雑なアテンション・ユニーク・リーチの計算を、Webベースで簡易に実行し、アクセス可能にする。

 これにより、広告主は候補番組の中から自身で番組を選ぶことで、ターゲットセグメントのアテンション・ユニーク・リーチを計算し、リーチを最大化するような番組の組み合わせを選ぶことが可能になる。

 また同ツールでは、提供番組の組み合わせ(フォーメーション)をお気に入りに保存することも可能。複数のフォーメーションごとのコストや、A-UR1%あたりのコスト効率の比較も可能になる。

クリック/タップで拡大
クリック/タップで拡大

 なお、タイムA-URシミュレーターは、現状TVISIONが提供する他のBIツールからは独立している。同社では将来的にブランドトラッキングツール「Telescope」に搭載することを目指す。

【関連記事】
ADK MS、ラクスルの「ノバセル」と協業 運用型TVCMワンストップソリューションを開始
電通ダイレクトマーケティング、テレビCMの成功確率を分析する「CMコンパス」を提供開始
スイッチ・メディア・ラボ、スポットテレビCMのリーチを最適化するサービスをリリース
10月度CM放送回数ランキング/乾燥ケア、風邪薬など季節感あるCMが上位に【ゼータ・ブリッジ調査】
CCCマーケティング、テレビCM出稿分析ツールを提供 25万人の視聴データと購買データを活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5