SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

パブリックDMP「Fortuna」、Salesforce Audience Studioと連携を開始

 Supershipは同社の提供するパブリックDMP「Fortuna」と、セールスフォース・ドットコムが提供するSalesforce Marketing Cloud製品群におけるプライベートDMPの機能を提供する「Salesforce Audience Studio」との相互データ連携によるサービスの提供を開始した。

 データ管理基盤である「Salesforce Audience Studio」を用い、企業が保有する顧客データである1st partyデータや外部から得られる2nd partyデータ、Supershipが「Fortuna」を通じて提供する3rd partyデータなど、あらゆるデータを統合。これらを活用することで、企業のマーケティング活動における最適化を図り、より顧客のニーズに合わせたOne to Oneマーケティングを実現させていく。

 昨今、企業が持つ顧客データとなる1st Partyデータを最大活用したデータ基盤の構築に注目が寄せられている。こうした背景から、SupershipではポストCookieの時代を見据え、企業の顧客データをシームレスに活用したデジタルマーケティングの実現をサポートすべくセールスフォース・ドットコムとの連携に至った。

【関連記事】
SupershipとDatabricks、データ活用を促す「統合型データサイエンスサービス」を開始
SupershipのパブリックDMP「Fortuna」、Web接客ツール「Flipdesk」と連携へ
SupershipのDMP「Fortuna」と広告主向けアドプラットフォーム「PORTO」が連携
SalesforceにLINE・SMSを連携する「PHONE APPLI LINER」の提供を開始
アイレップとtoBeマーケティングが協業 Google・Salesforceの製品連携で支援を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/14 16:15 https://markezine.jp/article/detail/35107

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング