SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂と博報堂DYMP、LINEリサーチのセールスパートナーに 新たな調査手法の開発・提供に向け連携

 博報堂と博報堂DYメディアパートナーズは、LINEが提供するスマートフォンベースのリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」のセールスパートナーとして認定された。

 LINEリサーチの豊富なモニターや博報堂DYグループが保有するデータなどを生かした新たな調査ソリューションの開発・提供に向け、3社は連携を強化。今後は、同パートナー認定のもとで以下のような取り組みを進めていく。

1.LINEリサーチのリアルタイム性やインタラクティブ性を生かした調査手法やパッケージの創出

 スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」は、モニターがメッセージに気づきやすく、スマートフォン上で時間や場所の制約なく調査に回答しやすい点などが特長だ。

 今後、博報堂および博報堂DYメディアパートナーズは、LINEリサーチのセールスパートナーとして、LINEリサーチのリアルタイム性やインタラクティブ性といった特長を最大限に生かした調査メソッドやパッケージの創出と販売を行っていく。

2.両社が保有する多様なデータを活用した新たな調査ソリューションの共同開発

 博報堂DYグループでは、テレビ実視聴ログをはじめとする独自の生活者データマネジメントプラットフォームにおいて大規模なWeb閲覧データや検索データ、購買データを保有している。これらの多様なデータと、LINEが保有するデータを活用することで、より高度な視点での調査を可能とする新たなソリューションの共同開発を推進していく。

3.博報堂および博報堂DYメディアパートナーズでLINEリサーチの積極的な活用を推進

 さらに博報堂および博報堂DYメディアパートナーズは、LINEリサーチのモニター組織が持つ、市場代表性の高い環境下で調査を行うことが可能な点に注目。両社はマーケティングの戦略構築から評価までの全プロセスにおける調査の信頼性の向上を目的とし、マーケティング戦略などを立案する各プランニング部署でのLINEリサーチの積極的な活用を進めていく。まずは、市場再現性の高い調査を素早く実施できるLINEリサーチの「ライトコース」を活用していく予定だ。

【関連記事】
LINEリサーチ、低価格・短納期で調査が可能なライトコースをリニューアル オンラインで作成機能を追加
LINE、調査メディア「リサーチノート」をオープン LINEリサーチで実施した調査情報を発信
女性人気アイドルグループは「乃木坂46」「Perfume」「ももクロ」がTOP3【LINEリサーチ】
博報堂DYMP、テレビとデジタルの広告効果を一元化しモニタリングできる統合ダッシュボードの提供を開始
博報堂DYホールディングス、スイッチスマイルと資本業務提携 生活者のオフライン行動データを活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/22 14:00 https://markezine.jp/article/detail/35184

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング