SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネットユーザー約3万人が選んだWebサイトランキング、総合1位はヤフー/日経BPコンサルティング調査

 日経BPコンサルティングは、約3万人のネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2020-秋冬」の結果を発表。以下、一部内容を紹介する。

総合ランキング1位はヤフー キャンペーン利用やサイト接触による「行動喚起」が高評価

 調査対象500サイト中の総合ランキング1位となったのは、「Yahoo! JAPAN」。前回に続いて首位を獲得した。第2位の「楽天市場」、第3位の「Google」も前回と順位は変わらず、トップ3に変動はなかった。

 「Yahoo! JAPAN」のWebブランド指数(WBI)は、前回118.3ポイントから1.6ポイント減の116.7ポイント。個別の指標を見ると、「アクセス頻度」は前回に引き続き500サイト中第1位と極めて高かった。「サイト・ユーザビリティ」「サイト・ロイヤルティ」のスコアは、前回1位から今回2位となったものの、引き続き高い評価を獲得した。また、「行動喚起」も前回と同じく2位に。一方「態度変容:製品・サービス」のスコアは、52.7ポイントと、前回から低下したものの、全体平均を上回る水準となった。日常生活に関連した幅広いサービスを通じた、購買や情報拡散などの行動との結びつきが強いサイトといえる。

 一般企業サイト(インターネット専業企業サイトを除く)のトップ3は、「サントリー」「ヤマト運輸」「カゴメ」という結果だった。

前回スコアから大きくポイントを伸ばした「ZOZOTOWN」

 前回から今回にかけてスコアが大きく上昇したサイトのトップ3は「ZOZOTOWN」 「駅探」 「ドトールコーヒーショップ」。「ZOZOTOWN」は前回から14.8ポイント増の56.0ポイント、「駅探」は14.4ポイント増の55.3ポイントだった。

 「ZOZOTOWN」は6つの個別指数すべての評価が前回を上回った。項目別に見ると、「態度変容:製品・サービス」の「運営主の製品・サービスを購入または導入したい」、「行動喚起」では「メールマガジンの購読、会員専用ページにログイン」「製品・サービスを購入、申込」、「態度変容:企業活動」では「運営主が気に入った、好きになった」の上昇幅が大きい結果に。自由意見では、「身長体重別の検索ができる」「カテゴリーごとに分かれているので探しやすくて良い」など、「ZOZOTOWN」ならではのサービスや、使い勝手をよくするための工夫に対する好意的な評価が見られた。

【調査概要】
調査主体:日経BPコンサルティング
調査目的:Webサイトのブランド力を測定し、企業や団体のWebにおけるブランド・コミュニケーション戦略の成果を定点観測する
調査手法:ネット調査
調査対象:全国、20歳以上のネットユーザー(日経BPコンサルティングの提携調査会社の調査モニター)
有効回答数:34,509件
調査対象ブランド:企業や団体が運営する日本の主要500サイト
調査期間:2020年10月9~15日※半年ごとに年2回実施(4月、10月)

【関連記事】
2020年下期「ネット広告予算が増加」は36.1% 予算配分が減った広告は?/CCI調査
約4割が「2021年に広告・マーケティング広告予算を増やす」と回答/コムエクスポジアム・ジャパン調べ
企業情報サイトランキング2020、ユーザー評価1位は2年連続サントリー【トライベック調査】
国内企業のCXランキングTOP50:くら寿司、ヨドバシカメラらが躍進/C Space Japan調査
トヨタが連続で首位獲得/WPPとカンターが2021年度「日本のブランドランキング」トップ50を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング