SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KADOKAWA子会社、Youzan Japanと業務提携 中国向け越境ECとマーケティングを支援

 KADOKAWAの子会社であるJ-GUIDE Marketing(以下、JGM)は、中国大手ソーシャルECプラットフォーマーYouzanの日本法人であるYouzan Japanと業務提携を結んだ。両社は中国向け越境EC開店およびプロモーションサービスの販売パートナーとなった。

 新型コロナウイルス感染症の影響によりインバウンド消費が激減する中、越境ECの可能性を探り始める企業が増えている。そこで、中国向けの越境ECを展開できる開店ソリューションを持つYouzan Japanと中国向け総合マーケティングソリューションを提供しているJGMが業務提携し、中国向け越境ECを展開したい企業に対して全面的なサポートを提供するに至った。

 中国でのSNSを活用したソーシャルECは、近年大きく発達しており、多くのユーザーから支持されている。YouzanはソーシャルECの先進企業で、同社が運営しているプラットフォーム「Youzan」は現状543万店の導入実績を誇る店舗管理、ソーシャルECシステムとなっている。一方、JGMは中国市場向けに市場調査、データ分析、メディアバイイングを行い、KOL(Key Opinion Leader)、KOC(Key Opinion Consumer)などのインフルエンサーマーケティングに強みを持っている。

【関連記事】
meycoと中国メディア「SaltSweeet」が業務提携 ライブ配信から越境ECまで幅広い支援へ
電通デジタル、Nintと共同で中国越境ECの進出支援を開始 中国ECの市場調査サービスを提供
マイクロアド台湾、越境ECなど台湾進出支援を強化 女性向けメディア「Japaholic」の運営を開始
バイドゥ、中国越境ECサービス「百分百(バイフンバイ)/baifenbai」を提供開始
オルビス、越境EC強化に向け多言語化ソリューション「WOVN.io」を導入 ブランド認知向上をめざす

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング