SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYMP、4社で事業提携 複合型VRイベント会場「VRADE」を開設

 博報堂DYメディアパートナーズは、博報堂プロダクツ、ブロックチェーンシステム企業のアーリーワークス、AR・MR・VRなどを活用したシステム企業のプレミアムアーツの4社で事業提携を行った。4社は同提携を通じてVR空間で展示会や講演会、セミナー、会議などを含む複合型のイベントを開催可能なVRコンベンションセンター(複合型VRイベント会場)「VRADE(ブレイド)」を開設する。

イベント会場イメージ

 「VRADE」の特長は3つある。1つ目はWebブラウザのみで参加できる本格的なVRコンベンションセンターであること。WebGL(ウェブジーエル、Webブラウザで3次元コンピュータグラフィックスを表示させるための標準仕様)を活用し、デバイスを選ばない操作環境となっている。また空間カスタマイズの自由度も高く設計されており、あらゆるイベントに対応できる。

 2つ目は「アバター×ボイスチャット」により臨場感あるコミュニケーションが可能なこと。ゲストもホストもアバターとして参加可能なシステム設計となっており、ボイスチャットによる自然なコミュニケーションを実現。また画面共有/資料共有などプレゼンテーション機能も充実している。

 3つ目はブロックチェーン技術の活用により、安全で拡張性の高い来場管理システムを実装していること。「VRADE」の来場管理に「電子ウォレット(VRADE-ID)」を発行し、イベント毎の来場管理には「電子チケット/パス」を発行することでイベント主催者ごとに独立性の高い招待者管理を実現する。そのほかブロックチェーン技術を活用した「ポイント」や「アイテム」の設定など、様々なサービスが可能だ。

 今後は、複数の出展企業がそろった会場を4月にオープンする予定だ。

【関連記事】
博報堂DYMPと博報堂DYアウトドア、 西友店頭レジ横サイネージ媒体を開発・販売開始
博報堂と博報堂DYMP、XR技術を活用するグループ横断プロジェクト「hakuhodo-XR」を始動
設定不要で解析ツールデータと連携 博報堂DYMPがデジタル広告出稿デイリーレポートツールを提供開始
博報堂と博報堂DYMP、LINEリサーチのセールスパートナーに 新たな調査手法の開発・提供に向け連携
博報堂DYMP、テレビとデジタルの広告効果を一元化しモニタリングできる統合ダッシュボードの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング