SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アクセンチュアと資生堂、DX加速を目的とした戦略的パートナーシップに合意

 アクセンチュアと資生堂は、資生堂グループのデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させ、変化する顧客と市場環境に迅速に対応することを目的とした戦略的パートナーシップを結ぶことに合意した。

 資生堂は中長期経営戦略「WIN 2023 and Beyond」の中で、スキンビューティー領域をコア事業とする抜本的な経営改革を実行し、2030年までに同領域において世界のNo.1企業になることを目指している。また、その一環として「デジタルを活用した事業モデルへの転換・組織構築」を掲げている。

 アクセンチュアは今回のパートナーシップを通じて、資生堂グループ全体の標準ICT基盤やオペレーションの構築支援、デジタル時代に適応した人材育成に至るまで幅広いサービスを提供。世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニーの実現に向けた資生堂の長期成長基盤の強化に貢献していく。

 具体的には、先進的なAI、アナリティクスやオートメーションなどの高度な専門性を組み合わせ、時代や環境に応じて変化を続ける生活者の美容体験や購買行動への理解を深め、個客に合わせオンラインとオフラインを融合した体験を提供することで、資生堂が目指す新事業モデルへの転換を支援する。また、資生堂がグループ全体で取り組む全世界共通のクラウドベースの単一情報システム基盤を構築し、経営情報やデータの見える化、決算の早期化、在庫管理の高度化やグローバル需給管理といったデジタル変革の実現に不可欠な基幹業務プロセスの刷新をサポート。

 さらに人材育成に関しても、資生堂の社員一人ひとりの特性や希望に応じて、人工知能などの先端テクノロジーの知識や変革推進のマネジメント力など、幅広い研修プログラムを組み合わせることができる実践形式のトレーニングを提供する。

 今後両社は、これら一連のデジタル変革をさらに強力かつ迅速に実行すべく、合弁会社の設立も検討していくという。

【関連記事】
アクセンチュア、ビジネットシステムを買収 eコマースサイトの構築および運用力支援体制を強化
ロイヤリティ マーケティングとアクセンチュア、データを活用した事業支援に向けて協業
アクセンチュア、デザインスタジオ「Fjord」の国内拠点を開設 CX起点の企業変革支援体制を拡充
女性向けメディア「TRILL」、インスタライブメニューを開始 第1・2弾を資生堂のワタシプラスと実施
資生堂、体験型新店舗のブランドサイトに「WOVN.io」を導入 訪日外国人に向けた多言語体験を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/12 12:07 https://markezine.jp/article/detail/35499

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング