SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、マーケティングシステム基盤のアセスメントサービスを提供開始 企業のデジタル変革を支援

 博報堂は企業のマーケティングDXに向けた取り組みをサポートするため、マーケティングシステム基盤のアセスメントサービス「HAKUHODO Marsys Assessment(博報堂マーシス・アセスメント)」の提供を開始した。

 同サービスは、これまで博報堂が培ってきた様々なマーケティングシステム基盤の構築・運用支援の実績・ノウハウに基づき支援していく。まずシステム基盤のグランドデザインを描き、実効性のあるアジャイル実装のステップや、施策の高度化とROIを両立するための最適な運用方法・体制などを充分に考慮した現実的な実装プランを策定。最終的に具体的な実行・運用まで一気通貫でサポートする。

 またマーケティングシステム基盤領域は、新しいテクノロジーの積極的な導入・運用が必要となるケースもある。「HAKUHODO Marsys Assessment」では必要に応じて博報堂のエンジニアチームと連携し、テクノロジー面も含めた全体視点で、総合的なアセスメントサービスの提供が可能だ。

 さらに博報堂は、これまで企業のカスタマーデータ活用において様々なマーケティングツールの活用・連携を通して、ツールごとの特性、制約・活用ポイントなどのナレッジを蓄積している。同サービスは、このナレッジに基づき、コンサルティング・パッケージとして、企業にとって必要なマーケティングシステム基盤の最適化をサポートし、マーケティングDXの実現を支援していくという。

【関連記事】
博報堂、千葉県君津市と「個人」「組織」「社会」に創造性をもたらすための研究を開始
博報堂と博報堂DYMP、XR技術を活用するグループ横断プロジェクト「hakuhodo-XR」を始動
博報堂と博報堂DYMP、LINEリサーチのセールスパートナーに 新たな調査手法の開発・提供に向け連携
博報堂DYMP、4社で事業提携 複合型VRイベント会場「VRADE」を開設
設定不要で解析ツールデータと連携 博報堂DYMPがデジタル広告出稿デイリーレポートツールを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング