SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

FABRIC TOKYOが語る!提供価値の再定義と小売DX【参加無料】

 MarkeZineは、3月2日(火)~4日(木)にオンラインにて「MarkeZine Day Spring 2021」を開催します。3月4日(木)の13時40分から行われるセッション「D2Cの発想を取り入れビジネスを変える―― FABRIC TOKYOが語る提供価値の再定義と小売DX」には、FABRIC TOKYOの三嶋憲一郎氏が登壇します。

 三嶋氏はFABRIC TOKYOにおいてD2Cビジネスに向き合い、2021年1月『リテール・デジタルトランスフォーメーション D2C戦略が小売を変革する』を上梓。同書の執筆中にコロナ禍における影響を目の当たりにし、アパレル業界、小売業界、そしてサプライチェーン全体が抱える課題にD2Cの発想・戦略をどのように活かせるか、考え続けてきたといいます。

 同セッションでは三嶋氏の経験を踏まえ、顧客のニーズをどのように捉え直し、ブランドを成長させていくことができるかを紹介。メーカー、店舗、そしてD2Cブランドそのものに関わるマーケターにヒントを与えてくれるはずです。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day Spring 2021
登壇セッション:D2Cの発想を取り入れビジネスを変える―― FABRIC TOKYOが語る提供価値の再定義と小売DX
スピーカー:株式会社FABRIC TOKYO 取締役COO兼CFO 三嶋憲一郎氏
日時:2021年3月4日(木)13:40~14:25
会場:オンライン
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング