SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TikTok、新たなコメントフィルタリング機能と不適切なコメント投稿前に検討を促す機能を追加

 3月11日、TikTokはコミュニティにおいて他者への敬意や配慮を持ったコミュニケーションの促進を補助するための、新たな2つの機能を開始した。

 提供される機能の1つ目はクリエイターが、自身の投稿したコンテンツへのコメントをより細かく制御できるフィルタリング機能。2つ目は他者の投稿に対し、思いやりのないまたは不適切なコメントを含むコメントの投稿を再検討するよう促す機能。

 フィルタリング機能は「すべてのコメントのフィルタリング」として搭載される。この機能を使用すると、動画の作成者が管理ツールを使用して承認しない限り、コメントは表示されなくなる。

 なお「すべてのコメントのフィルタリング」は、スパムや不快なコメント、特定のキーワードをフィルタリングできる既存の「コメントフィルター」の追加機能として提供される。

 不適切または不親切なコメントを含む投稿について再検討することを促す機能は、コメントを投稿する前のユーザーに対し、コミュニティガイドラインに違反する内容を含む言葉が含まれたコメントであることを通知し、コメントを編集できるようにするもの。

 創造的な表現をもたらす安全で前向きなアプリ環境を作ることがTikTokの優先事項であり、TikTokユーザーが互いをサポートし、ポジティブなコミュニティ環境を維持することを目指し、本機能の追加が決まった。

【関連記事】
アジトのDatabeat Explore、TikTok For Businessなどと連携
Shopify、TikTokと提携 管理画面からTikTokへの広告出稿が可能に
TikTok、日テレのドラマを「動く実写マンガ『2.5どら』」にして番組放送前に配信
Z世代の56.9%がTikTokを1日1時間以上閲覧 情報収集ツールとして活用する人も【Z総研調査】
TikTok、UGCを生み出す方法をまとめた「TikTok #Challenge Tips」を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/12 12:00 https://markezine.jp/article/detail/35736

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング