SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

日本でも存在感が高まる「コネクテッドTV」/コロナ禍で急伸する動画市場の動向とは

 ブライトコーブは、2021年3月16日、オンラインにてメディアカンファレンスを開催した。コロナ禍以降、急伸する動画市場の動向と、その拡大を支える同社の取り組みについて共有された。

コロナ禍で加速するDX。それに伴い動画市場も急伸

 ブライトコーブは、2021年3月16日、オンラインにてメディアカンファレンスを開催。米国本社のBrightcove Inc. CEO Jeff Ray氏、ブライトコーブ 代表取締役社長 川延浩彰氏、同社 Director of Professional Services 国谷俊夫氏、同社 MarketingManager 大野耕平氏が登壇した。

(左)Brightcove Inc. CEO Jeff Ray氏
(中央左)ブライトコーブ 代表取締役社長 川延浩彰氏
(中央右)同社 Director of Professional Services 国谷俊夫氏
(右)同社 MarketingManager 大野耕平氏

 コロナ禍以降、多くの領域でDXが加速。動画領域においても、NetflixやDisney+に代表される動画配信サービス(OTTサービス)は急成長し、無観客での音楽ライブ配信やスポーツの生中継への活用が急速に進んでいる。同時に、企業においてもリモートワークが定着したことで、Zoomに代表されるテレビ会議システムの利用の普及や、イベントやセミナーのオンライン化等、ビジネスにおける動画活用も急速に進んでいる。

ロゴを刷新し、リブランディングへ

 2004年に設立した同社は、2008年より日本でのビジネスを開始し、動画市場の拡大を支えている。コロナ禍での変化を受けて、「世界における動画業界動向」「日本における動画業界動向」「日本における同社のビジネス戦略」等について共有された。

 「これまで以上に動画の力が増している」と力強く語るのはBrightcove Inc. CEO Jeff Ray氏。メディア企業やエンターテインメント業界をはじめ、コロナ禍で変化を迫られ、新しい収益方法やユーザーとのコミュニケーション方法を模索した企業は多かったが、その一つの手段として動画活用が一気に進んでいる。同社は動画を活用した「コンテンツの収益化」「情報伝達・関係構築」「プロダクト・サービス販売」への企業の取り組みを支援している。

2021年3月16日から開催中の「SXSW Online 2021」では、「Brightcove Cloud Playout」が採用されている

 「我々は大きく成長する動画市場を謳歌している。グローバルで多様なブランドリーダーたちに指示されている我々のプラットフォームは、今後はさらに、エコシステムとイノベーションを推進していく。そして日本市場にも特化したかたちで注力していきたい」(Jeff Ray氏)

日本の動画市場、リテール領域での急伸が顕著

 続いて、ブライトコーブ 代表取締役社長の川延氏より、日本における動画業界の動向が紹介された。その中でも、小売・ECに関わる動画の視聴回数は332%増加、視聴時間は176%増加と顕著であった。この数値から、リテール業界において購買活動が急速にデジタルシフトし、さらにはオンラインの購買活動の中で動画が重要な役割を果たすことがわかる。

「ニュース動画」「スポーツ動画」「小売・ECに関わる動画」の視聴時間は大きく増加

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
日本でも存在感が高まる「コネクテッドTV」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

安成 蓉子(編集部)(ヤスナリ ヨウコ)

MarkeZine編集部 編集長 1985年山口県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。専門商社で営業を経験し、2012年株式会社翔泳社に入社。マーケター向け専門メディア『MarkeZine』の編集・企画・運営に携わる。2016年、定期誌『MarkeZine』を創刊し、サブスクリプション事業を開始。編集業務と並行して、デジタル時代に適した出版社・ウェブメディアの新しいビジネスモデル構築に取り組んでいる。2019年4月、編集長就任。プライベートでは...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/18 08:00 https://markezine.jp/article/detail/35752

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング