SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

MESONと博報堂DYホールディングス、渋谷・神南エリアでの広域AR/VR実証実験を実施

 MESONは、現実世界とサイバー空間を融合させた新たなコミュニケーション体験構築プロジェクト「GIBSON(ギブソン)」において、東京都渋谷区神南エリアを舞台としたAR/VR融合の周遊体験の実証実験を実施した。

 「GIBSON」は、博報堂DYホールディングスと共同で研究を進めているもの。現実世界の3Dコピーである「デジタルツイン」を用いて「サイバー空間」を構築し、そこにログインする遠隔地のVRユーザーと現実世界のARユーザーとがあたかも同じ空間で場を共有しているようなコミュニケーション体験を可能にする。

 「GIBSON」のユースケースとしては、たとえば観光、イベント、ショッピングなどがある。遠隔地から現地の空間にログインし没入度の高い体験をしながら、現地のユーザーとコミュニケーションを取ることができる。

AR/VRユーザーコミュニケーションの様子
AR/VRユーザーコミュニケーションの様子

 今回の実証実験では、3D都市モデルを活用して構築されたバーチャルな渋谷神南エリア地区に遠隔地からアクセスするVRユーザーと、実際に渋谷神南エリアにいるARユーザーとが、同じ空間を共有しながら共に周遊しているかのような体験を提供。新たな渋谷の魅力を発見してもらうことを目的に、現実空間とバーチャル空間内の同じ場所に対応する空間コンテンツを設置した。

(左)遠隔地からアクセスしているVRユーザー(右)実際に神南エリアに居るARユーザー
(左)遠隔地からアクセスしているVRユーザー(右)実際に神南エリアに居るARユーザー

 2021年3月8日から3月16日にかけての実証実験では、これまで検討してきたAR/VRの横断型のコミュニケーションを都市スケールで展開した時、ユーザー間のインタラクションがどのように変化し、どのようなユースケースが可能になるかを検証。その結果、遠隔地のVRユーザーと現地のARユーザーは、通常の街歩きを行う組と同様に、一体感を持ってコミュニケーションを取れることがわかった。

 また、XR技術を用いた拡張的・仮想的な情報呈示を通じて、街の魅力をより発見でき、都市の周遊行動に変化が生まれることも実証調査から示唆された。

【関連記事】
OnePlanet、ドミノ・ピザ新商品発売キャンペーンのARゲームを開発 スコアに応じクーポン発行
ニューステクノロジー、宿泊者と商品を繋ぐプラットフォーム「KININARU」のサービス提供を開始
VRやASMRで新しい食体験を ナショナルデパートが「food porn」プロジェクトを始動
Synamon、ロゼッタと「リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィス」を共同開発
博報堂DYMP、4社で事業提携 複合型VRイベント会場「VRADE」を開設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/30 16:00 https://markezine.jp/article/detail/35946

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング