SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DACとアイレップ、「Commerce Flow」に時間帯配信機能を搭載 ECマーケティングを支援

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)とアイレップは、negocia(以下、ネゴシア)が開発したECサイトにおける運用型広告最適化プラットフォーム「Commerce Flow(コマースフロー)」の提供を開始した。

 まずはAmazonで展開されているスポンサー広告を対象に、AIエンジンや独自開発した時間帯配信機能などによって、業務の効率化とコスト削減、並びに広告効果の最大化の実現を図っていく。

提供サービスイメージ
提供サービスイメージ

 両社は今後、ネゴシアと連携して「Commerce Flow」の開発を続け、サービス強化に取り組んでいく。Amazon広告に関しては、Amazon DSP Reporting APIへの対応や、配信・入札APIへの対応を予定しており、Amazonのベンダーセントラルやセラーセントラルのデータとの連携を目指す。また、他の主要ECサイトへの対応も視野に入れている。

【関連記事】
博報堂DYMPとDAC、広告のオーディエンスを多面的に深堀し分析するソリューションを提供開始
トライベックのHIRAMEKI XD、DACのAudienceOneと3rdパーティデータ連携を開始
アイレップ、「CXチャットソリューション」を提供開始 カスタマーサポート事業のデジタル化を支援
アイレップ、Google広告の運用からデータ基盤構築、分析までの統合を支援する組織立ち上げ
CCI、EC販売戦略を一気通貫で支援する「Commerce container」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング