SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

パンパース、神戸で店舗での回収テスト実施へ 紙おむつ分別・回収の行動や習慣の理解目的に

 P&Gジャパン(以下、P&G)の乳幼児用紙おむつブランド パンパースは、「おむつ回収プロジェクト」を4月中旬より開始する。

 同プロジェクトは、使用済み紙おむつを分別・回収するときの日本の消費者の習慣などを理解するためのもの。パンパースが独自に開発した回収ボックス「おむつ回収ボックス」が兵庫県神戸市内の小売店、保育施設の計8ヵ所に、約6ヵ月間設置される。

 消費者はおむつ回収専用アプリ「パンパースエコ」をダウンロードし、スマートフォンの位置情報機能を利用して、アプリ内で最寄りの回収ボックスの場所を確認※。

 回収ボックスにスマートフォンをかざし、アプリの開錠ボタンを押すと、投入口が自動で開く。使用済み紙おむつを投入した後は、自動で投入口が閉じる仕組みになっている。

 回収の対象は乳幼児用紙おむつ、大人用紙おむつなど、種類やブランドを問わず全ての紙おむつ。また、おしりふきシートも一緒に回収できる。

 P&Gでは長期的な重点課題として「環境サステナビリティ」をビジョンに掲げ、パンパースブランドでも、過去25年間で欧州および北米のおむつに使用する資材の量を半減させるなどしている。

 「おむつ回収プロジェクト」は、将来的な循環型経済の実現に向け、使用済み紙おむつを分別・回収するときに、日本の消費者がどのような習慣、行動、認識の傾向を持つかを理解することが目的。

 ※同アプリで収集するデータは消費者が「おむつ回収プロジェクト」に参加し、参加中に可能な限り最適なサービスを提供する以外の目的には使用されない。

【プロジェクト概要】
・実施期間:2021年4月中旬~9月30日(木)
・回収場所:以下の神戸市内の小売店、保育施設の合計8拠点に設置する専用「おむつ回収ボックス」
「イオン ジェームス山店」「イオン 神戸北店」「トイザらス・ベビーザらス 神戸ハーバーランド店」「夢の森」「花の森」「あさひ保育園」「おっこう山」「山のまち」
・参加特典:回収後、アプリからの応募で、初回応募のみパンパースすくすくギフトポイントを1000ポイント提供。2回目以降は1回につき100ポイント提供。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング