SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂とnote、企業・ブランドのパーパスを発信・可視化するサービス提供開始

 博報堂は、noteと共同でパーパスを起点とした企業・ブランドの情報発信を行うため、業務提携契約を締結。両社による企業向けサービス「new branding with note」の提供を4月7日より開始した。

 同サービスは、パーパスを可視化するコンテンツをnote上で制作・発信するもので、主に2つのメニューが用意されている。

 1つは、法人向けサービス「note pro」を活用して、note上に企業・ブランドの公式ページ(オウンドメディア)を開設し、パーパスを可視化するコンテンツを定期的に制作・発信していくもの。

 もう1つは、ユーザー参加型の投稿企画「コンテスト」を活用した共創スキームで、パーパスを起点としたテーマを設定し、ユーザーの投稿を募集。ユーザーとストーリーを共創していくもの。

 いずれも博報堂グループのリソースを活かした体制を構築し、運用される。 商品の機能による差別化が難しくなり、生活者の価値観も変化している現代においては、企業やブランドには明確な「パーパス」(存在意義)が求められるようになっている。

 企業やブランドは、自らのパーパスを具体的なアクションや情報発信によって可視化し、生活者に伝えていく必要があるが、一方的ではなくユーザーと共創しながら発信していく姿勢も重要だ。

 博報堂とnoteは、両社の強みを活かして、こうした新しい時代における企業・ブランドの情報戦略の設計からコンテンツ制作・発信までを共同で支援していくことを目指す。

【関連記事】
電通PR、経済とブランディング両面で分析・数値化する指標を開発 社会に与える影響を2軸で評価
ネオマーケティング、ブランディング活動を調査する「エボークトセット調査」を提供開始
AOI Pro.がBtoB企業のブランディング支援事業「AOI BtoB Branding」を開始
D2Cサイトのコンサルティング&ブランディングを行う「D2C Branding」が設立
ブランドイメージYouTubeが2年連続1位/上昇力1位ワークマン【日経BPコンサルティング調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング