SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「北欧、暮らしの道具店」の再生600万回超ドラマ『青葉家のテーブル』、映画版が6月全国劇場で公開

 クラシコム運営のECメディア「北欧、暮らしの道具店」初製作の映画『青葉家のテーブル』が2021年6月18日(金)に劇場公開日されることが決まった。TOHOシネマズ日比谷 をはじめ、全国劇場にて公開される。

 『青葉家のテーブル』は、「北欧、暮らしの道具店」が2018年4月に制作したドラマシリーズ。全4話+企業タイアップのスピンオフ2話の計6話が配信されており、YouTubeの再生回数は600万回を超える。

 映画版は、ドラマ版から引き続き西田尚美が主演。西田演じる青葉春子を中心とした青葉家の家族もキャストは寄川歌太、忍成修吾、久保陽香が続投する。監督も松本壮史がドラマシリーズから引き続き手掛ける。

 一方、映画版には春子の友人・国枝知世役に約5年ぶりの映画出演となる市川実和子、その娘で青葉家に居候をする国枝優子役に新人女優の栗林藍希など、7名の追加キャストが出演。また、ストーリーも映画オリジナルで制作されている。

 同映画は青春のみずみずしさと葛藤を映し出す松本監督に、「北欧、暮らしの道具店」の世界観で作り出された美術・料理・音楽・衣装を組み合わせ、青春の延長にある大人たちの切実な暮らしが細部まで神経を行き届かせた映像で描かれる。

【関連記事】
TikTokと東宝、映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2021」を開催!
映画館上映CM、1回の接触でTVCMや動画広告を超えるブランドリフトがあるという結果に
@cosme SHOPPING、STAFF STARTを導入 ECサイト内で美容部員による投稿を開始
DMMと朝日放送グループHDが通販事業を開始 テレビとECの融合で消費者との継続的なつながりを作る
レイワンダッシュ、ライブ配信者のみが出品できるEC「ラブマ」をオープン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/04/14 16:09 https://markezine.jp/article/detail/36090

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング