SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウィルコムら4社、個人向け健康管理情報サービス「ポケットカルテ」を2008年秋スタート

 日本サスティナブル・コミュニティ・センターのプロジェクト「どこカル.ネット」、アピウス、メディカルコミュニケーション、ウィルコムは、電子カルテを活用した医療サービス「ポケットカルテ」を4社共同で開発。2008年秋の本格サービス開始に向けた試験サービスを実施することを発表した。

「ポケットカルテ」で実現する医療サービスのイメージ
※画像はプレスリリースより転載。

 「ポケットカルテ」は、利用者の健康情報を電子化して一元的に管理し、容易に閲覧可能とするサービスで、患者は自分の健康情報の閲覧・メンテナンスが可能となるほか、転院などの際にも再検査などに煩わされず、効率的な診察が受けられる。また、蓄積された個人の健康情報にもとづいた予防医療サービスの構築によって、健康管理のためのアドバイスが受けられるようにもなる。

 4社は6月1日に「ポケットカルテ」のホームページ(http://pocketkarte.net)を開設し、ウィルコムのPHS通信サービスの利用者すべてを対象として会員募集を行い、会員向けに特定健診データの登録・閲覧システムを提供する。試験サービスは今秋開始予定の本格サービスのスタートまで継続して実施される。

【関連リンク】
米Google、個人の医療記録にオンラインでアクセスできる試験サービスを開始
全国16万件の医療機関が検索できる「All About病院検索」オープン
ネットで処方薬について調べる人、半数を超える 【薬と病院1000人調査】
メンタルヘルス対策意識調査、一般職向け研修の実施を望む声
うつ病は病人対策ではなく企業経営に直結する組織課題と認識する~心の病気について知る

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/05/13 17:35 https://markezine.jp/article/detail/3625

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング