SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドインテ、大日本印刷と資本業務提携 オンライン・オフラインを統合しリテールメディア開発と運用を強化

 大日本印刷は、リテールメディア開発・運用を行うアドインテと資本業務提携を行った。

 同協業により両社は消費者の購買体験向上を目指した、オンライン・オフラインを統合したリテールメディア開発と運用を強化していく。

 具体的には大日本印刷の強みである、店頭での効果的な販促を実現する空間設計やラウンダー業務における店頭販促の実行支援、販促広告コンテンツの制作と、アドインテの強みである独自開発をしたIOT端末やPOSデータの連携による購買情報の取得・分析および最適な広告配信ソリューションを連携。

 これにより、リアルとデジタルの双方でメーカーや流通・小売りの企業と生活者のコミュニケーションをシームレスにつないでいく。またDXによって商品・サービスの価値を高め、生活者に新たな買い物体験を提供する「ストアDX」支援事業を強化する。

 今後、両社はプロダクト設計やサービス強化、また広告施策・分析レポートの高度化など、ストアDXを推進していく。

【関連記事】
オリエンタルランド・イノベーションズ、アドインテへ出資
ヤマダHD、アドインテと協業 ヤマダデンキの全店舗に棚前デジタルサイネージを設置、広告枠を販売
アドインテ「AIBeacon」、店舗独自のLINEクーポンの配信/プッシュ通知を行うサービスを提供
大日本印刷、バーチャルジュンク堂書店池袋本店を「池袋ミラーワールド」に構築 バーチャル書店の事業化へ
大日本印刷とFiNC Technologiesが資本業務提携 ヘルスケア領域で情報銀行事業立ち上げへ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング