SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

MarkeZineが個人向けサブスクサービスを開始 会員限定の記事・セミナー・資料DLサービスを提供

 翔泳社の運営する「MarkeZine」は、個人向け月額定額制サービス「MarkeZineプレミアム会員」の提供を開始しました。

 同サービスでは、月額利用料2,200円(税込)をお支払いいただくことで、限定記事の読み放題や限定セミナーへの招待、図表データのダウンロードサービスなど、プレミアム会員としての特典を受けられます。

 限定記事の内容は、業界キーパーソンへの独自取材や注目テーマ・トレンドを解説する特集など。同サービスではプレミアム会員向けに毎月10本程度を限定公開します。

 限定セミナーではテーマに関連した識者を招き、「実務」「実践」「再現性」の切り口から議論の場を提供。プレミアム会員は識者のほか、他の会員らが集うコミュニティで知見を共有しながらヒントを探ることができます。

 また、同サービスの会員はデータダウンロードサービス「MarkeZine Stock」も利用可能です。調査データをはじめ、定期購読誌「MarkeZine」に掲載された資料や図表を自由にダウンロードできます。

 激動の時代の情報収集に、デジタルシフトの課題解決に、MarkeZineが発信するプレミアムな情報をお役立てください。

【関連記事】
電通デジタルと日立ソリューションズ、サブスクリプションビジネスのカスタマーサクセス支援で協業
東急、サブスクリプション型サービス「TuyTuy」開始。モビリティシェアやパンの定期便など
日本コカ・コーラ、アプリ「Coke ON」で自動販売機のサブスクリプションサービスを提供開始
文藝春秋『週刊文春 電子版』、キメラのサブスクリプション基盤「Ximera Ae」を導入
KiZUKAIが「toCサブスクリプションサービスのカオスマップ」2021年版を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/05/25 12:30 https://markezine.jp/article/detail/36339

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング