SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

京王グループ、AIで感性価値の創造・改善を支援するマーケティングソリューション提供

 京王グループの感性AIは、AI(人工知能)が感性価値の創造や訴求力の向上に寄与する新たなマーケティングソリューション「感性AIアナリティクス」「感性AIブレスト」の提供を6月1日から開始する。

 これは電気通信大学の坂本真樹研究室の特許技術・知財を活用したもので、商品開発の重要な要素であるネーミング、キャッチコピー、パッケージの感性価値分析・訴求力向上をAI関連技術によりサポートするソリューション。

 「感性AIアナリティクス」は、商品のネーミング、キャッチコピー、パッケージが消費者にどのような印象を与えているのかをAIが定量的に評価することで、商品の感性価値を分析する。また、分析結果をポジショニングマップで可視化する機能により、自社商品、競合商品との印象の違いを一目で把握することが可能。

感性AIアナリティクスイメージ
感性AIアナリティクスイメージ

 「感性AIブレスト」は、与えたい印象を考慮したネーミング、キャッチコピー、パッケージのアイディアの候補を、AIがユーザーに代わって複数提案するもの。商品コンセプトやイメージ画像から消費者が連想するワードを出力する機能も搭載し、アイディア検討のパートナーとして新しい感性価値の発見につながるヒントを生み出す。

感性AIブレストイメージ
感性AIブレストイメージ

【関連記事】
サンリオとPwCが「Kawaii」を共同研究 知見をパーク運営やマーケティング手法の強化に活かす
電通と電通グループ3社、企業ニーズに合わせたAIを提供するサービスを開発
元女子高生AI「りんな」のrinnaとギブリー、AIチャットボットの開発・販売で協業
インテージテクノスフィア、AIがテキスト情報を定量化する「文意知」をリリース
大好きな人やキャラクターとの対話をAIが実現!NTTドコモ、「キャラクタ雑談技術」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング