SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

A.C.O.、ブランド体験を共創するデザインプログラム「BX Camp」の提供を開始

 モンスター・ラボグループのデザインコンサルファームA.C.O.は、サービスを成功に導くブランド体験をクライアントと共創するデザインプログラム「BX Camp」をソリューションパッケージとして提供する。

 同サービスは、プロジェクトチーム全員がサービスの魅力に共感することで質の向上につなげ、ブランドの価値を高めるとともに、その価値を正しくユーザーに届けるための世界観を演出する方法やUIを追求することを目的としている。

 具体的には、次の6点をワークショップを交えながら実施する。なお、ワークショップは、サービスの性質や発見したいインサイトに合わせて、最適な手法が選択される。

  1. Understanding:チーム全員で現状を理解する
    プロジェクトメンバー全員が、業界の専門的な仕組みや競合、ビジネス戦略などの情報をインプット。チーム全体で現状を深く理解し、同じ目線でサービスの開発・改善に取り組める下地を築く。
  2. Research:調査・分析によるインサイトの発掘
    収集すべき情報と分析の角度を定め、最適なインタビュー手法や観察法を用いて調査を実施。調査結果の分析から、デザイナー視点のインサイトを発掘する。
  3. Branding:存在意義を明確にし、ブランドを開発
    「他のサービスと差別化できるポイント」「唯一無二の価値」を見いだし、「私たち”らしさ”」「目指すべき方向」を言語化するなど、ブランドの軸となる独自の個性(DNA)を明確にする。
  4. Function ideation: 核となる機能を選定する
    アイディエーションリサーチによるインサイトや、ブランドの目指す方向性に基づき、サービスの核となる機能・体験をチーム全員で検討し、仮設を立案。エンジニアも同席し、技術面での実現可能性も模索する。
  5. Art direction:ユーザー体験をデザインで表現
    言語化した”らしさ”を視覚的に表現するための方針を策定。色や形もコミュニケーションと捉え、ブランドの持つ個性や世界観を表現したデザインコンセプトを設計する。
  6. Prototyping testing: プロトタイプを活用したユーザー検証
    仮説立てしたサービスの機能・体験が「本当にユーザーのニーズを満たせているのか」を客観的な視点で検証。結果をもとに改善を加え、プロダクト開発に取り入れる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/03 12:20 https://markezine.jp/article/detail/36479

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング