SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

高校生の音楽視聴、聴く方法は「動画サイト」がトップ/7割超が「ほぼ毎日聴く」【LINEリサーチ調べ】

 LINEリサーチは日本全国の高校1年生~3年生の男女を対象に、音楽の聴取実態を探る調査を実施した。

7割超の高校生がほぼ毎日音楽を聴く

 高校生に音楽を聴く頻度を聞いたところ、「ほぼ毎日聴く」と回答した人が7割超と最も多かった。

 男子高生よりも女子高生の方が「ほぼ毎日聴く」と回答した人の割合が高く、特に高3女子高生では8割がほぼ毎日音楽を聴いている。また、学年が上がるにつれ「ほぼ毎日聴く」人の割合が高くなることもわかった。

 「ほぼ毎日聴く」「週4〜5日聴く」を合わせた「週4日以上聴く」にあてはまる人の割合は全体の86%だった。

音楽を聴く方法は「動画サイトで無料視聴」がトップ

 「ふだん音楽を聴く」と回答した高校生に、どんな方法で聴いているのかを聞いたところ、「動画サイト(YouTubeなど)で無料視聴する」が全体1位に。全体2位の回答は「音楽配信サービスで、無料で聴く」で、女子高生・男子高生ともに5割弱を占めた。

 全体5位は「音楽配信サービスで、定額(有料)で聴き放題」だったが、同じ音楽配信サービスでも有料になると男女とも2割台にとどまった。音楽配信サービスを無料で利用している人は高1に多く、有料で利用している人の割合は学年が上がるにつれ高くなる傾向が見られた。

 なお、「音楽をダウンロード購入」「CDをレンタルする」と回答した人の割合は、それぞれ1割程度だった。

ライブの参加傾向は男子高生より女子高生の方が強い

 今年に限らず昨年以前も含め、「ふだんアーティストのライブを見たり、実際に行ったりしたことはあるか/ある場合はどんな方法か」という質問に対し、全体の約7割が「ライブを見たり、実際に行ったりしている」と回答した。

 ライブを見た/行った人の中で、最も票を集めた参加方法は「無料のオンラインライブで」だったが、どの方法であってもライブを見たり行ったりする傾向は男子高生よりも女子高生に強く見られた。

【調査概要】
方法:LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
対象:日本全国の高校1年生~3年生の男女
時期:2021年5月7日(金)~2021年5月10日(月)
有効回収数:1,007サンプル
※表/グラフ中の数字は小数点以下第1位または第2位を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合や、同じパーセンテージでも見え方が異なる場合がある

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング