SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LIDDELLと博報堂DYスポーツマーケティング、アスリートのSNSによるセルフブランディングを支援

 LIDDELL(以下、リデル)と、博報堂DYスポーツマーケティングは、アスリートのSNS運営をサポートする「アスリートSNSサポートプログラム」を開始した。

 博報堂DYスポーツマーケティングはアスリートの競技パフォーマンス向上に留まらないセルフブランディングの構築が可能な「アスリートサポートプログラム」を提供している。

 今回新たにスタートするプログラムは、マーケティングプラットフォーム事業を提供するリデルと共に、フォロワー数の拡大・投稿トピックの質と量の充実・コミュニティの拡張などを実現するため、SNSのテーマ絞り込みやコンセプトの明確化ができるもの。

 また、企業SNSアカウントの運用実績も豊富なインフルエンシャル・アドバイザーが、写真の撮影・加工方法や、ハッシュタグ・分析に至るまで実例を挙げてレクチャー。

 既存ファンからのコメント数やエンゲージメント率・保存数などの向上に加え、新規ファンの流入にも寄与するアドバイスも提供される。

 近年、アスリートが引退後に第二の人生となる職業に就くセカンドキャリアではなく、現役アスリートとして競技活動と学業やビジネスを並行させるデュアルキャリアの重要性が注目されている。

 アスリートとしてのパフォーマンスを低下させることなく、デジタル上のファンコミュニティを醸成することで引退後のキャリア移行をスムーズにする現役アスリートも増えている。

 アスリートのデュアルキャリアにおいて、SNSでの情報発信やセルフブランディングは不可欠だ。同プログラムはアスリートのデュアルキャリア支援を目的として提供される。

【関連記事】
2020年の日本eスポーツ市場、収益の約7割をスポンサー費が占める【角川アスキー総合研究所調べ】
レンタルDXのTENTとブックオフが業務提携 スポーツ・アウトドア用品の店頭レンタルサービスを開始
エイスリー、スポーツ分野専門のキャスティング/プランニングユニットを新設 Inflightと業務提携
プラスクラス、スポーツに特化したマーケティングスクールを開校 オンラインで即戦力人材を育成
電通、スポーツ&エンターテインメント領域のDX共創プロジェクト開始 第一弾は札幌ドームでリモート観戦

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/11 15:15 https://markezine.jp/article/detail/36548

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング