SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

シタテル、タワーレコードのアパレルブランドの商品企画や制作を支援

 シタテルは、タワーレコードのアパレルブランド「WEARTHEMUSIC」のコラボレーション商品の企画からアパレルグッズの制作までを包括的に支援した。具体的にはPOP UPコラボレーションや少量多品種生産のファッションブランド、SNSなどでビジネス展開する人とのコラボレーション商品の企画・制作支援を行った。

 タワーレコードは、同社ならではの「音楽の香り」がするグッズの商品化を念頭に「WEARTHEMUSIC(音楽を着る)」というブランドコンセプトの元、2015年にアパレル事業を立ち上げた。 2019年には、タワーレコードの発祥の地であるタワーレコードシアターをモチーフにしたイラストをアパレルグッズに展開。オールドファンには懐かしく、また、若者には新鮮に感じてもらえるアイテムを販売し一定の成果を上げたものの、タワレコファンだけに限定されたマーケットの域を出ず、新たな顧客接点作りには課題が残っていた。

 シタテルとのプロジェクトでは、下北沢の古着屋「WED STORE」とコラボレーションしたTシャツを制作。企画のコーディネートから商品デザイン、制作やプロモーションまでをシタテルが支援した。またプロモーション施策として、「WED STORE」以外のブランドも集め、POP UP STOREの企画・運営も実施した。結果若年層に向けて興味を喚起し、購買が生まれる仕組みとなった。

【関連記事】
シタテル、生産から配送までをクラウド化 「sitateru CLOUD 販売支援」を衣服事業者へ提供
タワーレコード等、クラウドファンディング型のアーティスト支援プログラムを開始
タワーレコード×ブラケット、STORE.jpにて個人の音楽制作者応援サイトを9月に開設
ログリー、カタリベと協業 広告配信のサポート強化に向けたクリエイティブ制作パッケージプラン提供へ
BitStar、TikTokやYouTubeの短尺動画に特化した制作・コンサル・運用サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/14 15:45 https://markezine.jp/article/detail/36562

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング