SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

約7割の高校生が「自宅に自分が使うことのあるパソコン・タブレットがある」と回答/LINEリサーチ調査

 LINEリサーチは、日本全国の高校生を対象に「パソコンを使い始めた時期や、普段自分のパソコンでしていること」などについて調査を実施した。

約7割の高校生は「自分が使うことのあるPC・タブレットが自宅にある」

 学校や塾などから支給・配布されたものは除き、自宅に自分が使うことのあるパソコンやタブレットはあるか聞いたところ、約7割が「ある」と回答。使用デバイスのトップは「ノート型パソコン」だった。

 2位は「タブレット(iPadなど)」でトップと僅差。「デスクトップ型パソコン」を使う高校生は2割弱だった。

 また、男女別では女子高生よりも男子高生の方が「パソコン」を使う割合が高い一方、「タブレット」を使う割合は女子高生の方が高かった。

PCを使ってすることTOP3は「動画視聴」「検索」「サイト閲覧」

 自宅に自分が使うことのあるノート型パソコンおよびデスクトップ型パソコンがある高校生に対し、「パソコン」で普段していることを聞いたところ、男女いずれもトップ3に「動画を見る」「検索サイト/サービスで検索する」「インターネットサイトを見る」がランクインした。

 男女別に見ると、前述のトップ3をはじめ、「音楽を聴く」「ゲームをする」「インターネットショッピングをする」など多くの項目で、女子高生よりも男子高生の方が高い割合を示した。

PCを使い始めた時期、「高校生になってから」が最多回答

 自宅に、自分が使うことのあるパソコンがあるという高校生に、パソコンを使い始めた時期について質問。最も多かった回答は「高校生になってから」で、次に多かったのは「中学生」だった。

 男女別で見ると、女子高生では「小学6年生」までにパソコンを使い始めた人の割合が高く、「中学生」以降に使い始めた人の割合は男子高生の方が高かった。

【調査概要】
方法:LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
対象:日本全国の高校1年生~3年生の男女
時期:2021年5月27日(木)~2021年5月28日(金)
有効回収数:1,050サンプル
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合や、同じパーセンテージでも見え方が異なる場合がある

【関連記事】
2021年下半期は「INI」に注目!10代のトレンド予測&上半期のランキング【memedays調査】
【マイボイスコム調査】ポイント利用店舗の上位は「スーパー」/6割がスマホのポイントカードアプリを利用
【JR東日本企画・NRI調査】生活者の選ぶ好きな広告トップは「交通広告」/6割が「つい見てしまう」
ネットユーザー約3万人が選んだWebサイトランキング、1位は楽天市場/日経BPコンサルティング調査
約5割が「1分以上の動画はストレス」と回答【TikTok For Business調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/02 15:15 https://markezine.jp/article/detail/36708

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング