SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

パナソニック、一人ひとりにちょうどいいIoT対応「マイスペック」調理家電を今秋提供へ

 パナソニックは、よく使う機能に絞ったシンプルな家電を、アプリと連携することで自分仕様にアップデートできるIoT対応「マイスペック」調理家電2機種を9月1日より発売する。

 昨今、日本国内では、晩婚化・未婚化・少子化による小世帯の増加など、世帯の形態が多様化しており、今までの「標準世帯」を前提とした商品・サービスだけではなく、多様な選択肢が求められている。また、新しい生活様式が定着する中で、自分に本当に必要なものを選んでくらしを再設計する人も増えている。

 同社の調査では、ライフステージやライフスタイルによって調理に関する価値観は様々で、調理家電に対しては、多機能を使い料理のレパートリーが増やせることへの期待が高い一方、シンプルな機能やデザインを求める声も多いことがわかった。

 そこで、最初は機能を絞った基本機能搭載の商品でありながら、自分にとって必要な機能を選んで、後から追加できるIoT対応オーブンレンジ「ビストロ」と、炊飯と調理の1台2役で、本体に登録する炊飯コースのカスタマイズや、調理メニューを追加できるIoT対応IHジャー炊飯器「ライス&クッカー」を発売する。

 購入後に必要になった機能は別売アタッチメントでアップデートが可能。また、アプリを通じてメニューが提供され、気に入ったメニューを機器本体に送信して調理することが可能となる。

【関連記事】
電通デジタル、Vanguard IndustriesとIoTサービスクリエーション組織を設立
電通、IoT家電のデータを活用したソリューション提供 第一弾として広告配信と効果検証可能に
ウェザーニューズ、需要予測やマーケティング分析に活用可能な気象IoTセンサー「ソラテナ」を提供
ライオンとLOHACO、IoTハブラシのテストマーケティングを共同で開始 購買・行動データを連携
鉄道会館とパナソニック、グランスタ東京でデータマーケティングを推進 施策の成果を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/07 17:45 https://markezine.jp/article/detail/36738

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング