SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オトナル、企業向けのポッドキャスト配信システムを提供開始 アドサーバーから番組への広告挿入も可能

 オトナルは、企業の音声コンテンツ制作を統合的にサポートする「音声コンテンツ支援サービス」と「ポッドキャスト配信システム(CMS)」の提供を開始した。

 同社は、デジタル音声広告の制作・配信支援や、音声パブリッシャーに向けたプログラマティック広告の導入ソリューションを提供する企業。

 今回提供を開始するサービスでは、同社が保有するラジオ局や新聞社とのパートナーシップを活かし、企業が運営するポッドキャスト(ブランデッドポッドキャスト)の企画から制作、プロモーションをワンストップで支援する。

 あわせて提供を開始するCMSでは、「Apple Podcast」「Amazon Music」「Google Podcasts」「Spotify」など、各種ポッドキャスト再生可能サービスに対して音声コンテンツの一括配信が可能。サービスごとの再生比率や再生数、人気エピソードの分析を統一指標で行えるほか、聴取者の「サイト訪問」「購買」「ブランドリフト」など、商材やKPIに応じた複数の手法による効果検証にも対応する。

 また、ポッドキャストとして配信した各エピソードに、アドサーバーからのダイナミックな広告挿入を行える。過去の公開エピソードを含めたすべてのポッドキャストのエピソードに自社広告を挿入でき、シーズンやキャンペーンごとに挿入する広告を差し替えるなど、自社メディア上でのリスナーに向けた広告運用を実現する。

 加えて同CMSでは、「管理者」「コンテンツ編集者」「分析のみの閲覧者」といったログインユーザーごとの権限管理機能を備えているため、複数人のチームによるポッドキャスト番組運用を効率的に行うこともできる。

【関連記事】
オトナル、音声アドネットワーク「ポッドキャストオーディオアド」の提供を開始
オトナルと米国Podsightsが提携 ポッドキャスト内広告や企業ポッドキャストの効果を計測可能に
Coeto、音声SNSアプリ「Wacha」のベータ版を公開 コミュニティ機能や鍵付きルームも実装
音声配信プラットフォームの「stand.fm」、スタジオを渋谷にオープン 配信者の環境向上を支援
Video BRAINが大幅アップデート テキストを入力するだけで音声ナレーションの自動生成が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/20 14:00 https://markezine.jp/article/detail/37071

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング