SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、SYNとゲーミング領域で業務提携 Z世代を中心としたコミュニケーションアプローチを強化

 電通は、ゲーミング領域においてグローバルレベルでのeスポーツ事業の実績を持つSYN DF CORP(以下、SYN)と業務提携契約を締結した。

 「ゲーミング」は狭義でコンピューターゲームやビデオゲームをプレイすることを指すが、広義には、その対戦をスポーツ競技として捉える「eスポーツ」のみならず、プレイ動画の実況・配信・視聴や、さらには関連するライフスタイル全般を含んだゲームに関わる消費活動全般を指す。その市場はeスポーツ市場よりも規模が大きいことから、今後発展が望める注目領域だ。

 特にZ世代をはじめとする若年層を中心にライフスタイルにおけるゲーミングの影響力が高まっており、企業のマーケティングにおいても活用事例が日々増えている。一方で成長市場であるがゆえに知見が十分ではなく、ビジネスチャンスを活かしきれていないことが課題であった。

 同提携によりゲーミング領域を活用した専門的かつ先進的な提案が可能となり、両社は顧客企業のマーケティング活性化やビジネス創造に貢献することを目指す。

 主な提供内容はゲームの開発・販売などを行うパブリッシャーやeスポーツチームと連携し、顧客課題を起点としたブランディングやマーケティング戦略の企画・実施を支援する。また新規eスポーツチームの構想、企画、立ち上げ、その後のマーケティング戦略の立案・実施、ゲーミング領域の新テクノロジーの開発・提供を行っていく。加えて行政や教育機関向けのゲーミングビジネス教育、Z世代向けのゲーミングキャリア形成教育などを想定している。

【関連記事】
アドインテ、電通デジタル、電通テック3社、リテールDX専門チーム「Retail-Xing」を結成
電通と電通デジタル、DX推進における企業組織の課題を可視化するサービスを開始 推進意識の醸成を支援
電通と電通マクロミルインサイト、生活者インサイトを自動で深掘りするAIチャットボットを開発
電通の「世界の広告費成長率予測」、総広告費の回復1年早まり2021年に2019年水準を超える見通し
電通・電通デジタル・CCI、インストリーム動画広告にてメディア横断の配信最適化・効果検証を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/24 09:15 https://markezine.jp/article/detail/37091

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング