SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

DMMグループが取り組む、テレビCM効果の可視化に迫る


 DMMグループでは、各事業で出稿されているテレビCMのPDCAサイクルが回せるよう、マーケティング部門を中心にテレビCMの可視化プロジェクトを立ち上げた。本プロジェクトを通じて、一定の成果が出つつあるという。本記事では、プロジェクトに携わった武井氏と千葉氏、そしてDMMブックスの事業責任者を務める細山田氏に話を聞いた。

テレビCMの成否が判断できる仕組みを作る

MarkeZine編集部(以下、MZ):DMMグループがテレビCMの効果の可視化に取り組んだ背景を教えてください。

武井:DMMグループでは現在58の事業を運営しており、1年を通して何かしらの事業がテレビCMを出稿しています。しかし、テレビCMがどの程度購買や事業収益に貢献しているかという効果検証がきちんとできていないことに課題を感じていました。当然効果がわからないとテレビCMをやる理由、やらない理由ともに証明ができず、実施の意思決定が曖昧になってしまいます。

 そのため、この状況を打破しテレビCMもネット広告と同様に運用できる仕組みを作り上げたいと考えました。

 私と千葉が所属する各事業部門を支援する横断組織のマーケティング部門では、2020年夏ごろにテレビCMの効果可視化に関するプロジェクトを立ち上げ、いくつかの事業で検証を始めました。

合同会社DMM.com マーケティング本部 マーケティング部 部長 武井 慎吾氏

細山田:会社全体でプロジェクトを推進する中で、ある程度形になった仕組みを検証したのが、DMMブックスが2021年のゴールデンウィークに行ったキャンペーンです。ゴールデンウィークは生活者の可処分時間が高まり、集客しやすいタイミングだったので、テレビCM出稿による差分がはっきりと出やすいことから、実施に至りました。

合同会社DMM.com 電子書籍事業部 部長 細山田 智氏

データ統合で、CM出稿後のLTVを視覚化

MZ:では、どのようにしてプロジェクトを推進してきたのか教えてください。

武井:目指したのは、テレビCMのデータと出稿によって得られた成果のデータがきちんと取得でき、それらのデータを集計・分析できる状態です。そのために私たちは、まずデータの利活用でよく使われるPPDACサイクル(※)にのっとり、スケジュールとマイルストーンを決めました。

※PPDACサイクルとは

 P(problem、問題)、P(plan、計画)、D(data、データ収集)、A(analysis、分析)、C(conclusion、結論)の順でデータ利活用を進めていくフレームワーク。

千葉:次に進めたのがテレビCMに関するデータの取得、DMMが持つデータとの統合です。テレビCMのデータに関しては、運用型テレビCMサービス「ノバセル」を展開するラクスル様に、これまで配信したテレビCMの日時や地域、番組名などのデータを提供いただきました。

合同会社DMM.com
マーケティング本部 データプランニング部 プランニンググループ グループリーダー
千葉 健太氏

千葉:そして、テレビCMのデータを弊社のデータと連携することにより、内製したダッシュボード上でテレビCM出稿後のユーザーの行動データや購買データ、テレビCMによって獲得したユーザーのLTVを閲覧できるようにしました。

 外部データとの連携は例がなく、データの表記統一などを目視で行う必要があり、非常に難航しましたがなんとか実現することができました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
テレビCM検証で実現した、3つのこととは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/18 17:35 https://markezine.jp/article/detail/37268

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング