SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通グループ3社、企業のYouTubeチャンネルを活性化する「Tube Riding」提供

 電通のカスタマーエクスペリエンス・クリエーティブ・センターと、電通デジタル、ピクトは、企業のYouTubeチャンネルの開発から動画制作、効果検証、運用までをワンストップで行い、良質な顧客接点の場を創出するサービス「Tube Riding」を共同で開発、提供を開始した。

 同サービスは、次の1)~3)のサイクルにより、再生回数・チャンネル登録者数を増やし、企業やブランドのファンが増え、育っていく、Always onのマーケティング環境を構築する。

1)YouTube上でニーズの高い動画を継続的に作る

 YouTubeで人気の検索キーワードを活用し、YouTube上でニーズの高い(=再生されやすい)動画を企画。質の高い動画を継続的に制作・公開し続けることを可能にする。

2)YouTubeのアルゴリズムにのせ、オーガニックな再生回数・登録者数を増やす

 人気の検索キーワードをタイトルやタグに生かす、精度の高いサムネイルを作るなど、チャンネルにアップするデータを最適化し、「検索されやすい・ホーム画面や関連動画にでてきやすい」アルゴリズムに対応したチャンネル運用を提供する。

3)動画とチャンネルを定期的に分析し精度を高め、1)2)に生かす

 公開した動画とチャンネルの状況を多角的に効果測定し、SEOやチャンネル運用を改善。同時に、得られたデータを新しい動画企画に生かし、さらにニーズの高い動画を公開し続けるチャンネルへと育成。

【関連記事】
ALPHABOAT、企業YouTubeチャンネルのパフォーマンス改善を図る「BAKUZO」を提供開始
EXIDEA、企業のYouTubeチャンネルに特化したコンサルティングサービスを提供開始
CA、タレントYouTubeチャンネルを支援するマーケティングサービスの提供を開始
新R25、企業のYouTubeチャンネル立ち上げをサポートする「企業チャンネル相談カウンター 」開始
電通、FIREBUGと資本業務提携 テレビCMとYouTubeチャンネル連動型のサービスを開発・販売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/27 17:00 https://markezine.jp/article/detail/37375

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング