SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

awoo Japanが「nununi」を「awoo AI」にリブランディング サービスの構成も変更

 awoo Japanは、マーケティングソリューション「nununi(ヌヌニ)」の名称を「awoo AI(アウーエーアイ)」に変更し、サービスサイトのフルリニューアルを行った。

 awoo AI(旧:nununi)は、リアル店舗特有の消費行動である「偶発的消費(衝動買い)」をECでも再現するAIマーケティングソリューションだ。今回同社は多角的な事業展開を見据え、社名でもある「awoo」にソリューション名を統一した。

 ソリューション名の刷新にともない、awoo AI(旧:nununi)を構成するアーキテクチャを変更した。商品データ集積基盤の「awoo PDP」で一つひとつの商品特徴をAIが理解し、商品ごとに最適なキーワードをハッシュタグとして付与。その後、商品データ活用ツールの「awoo AMP」でハッシュタグをリアルタイムに最適化し、顧客と商品の偶発的な出会いを促す。

【関連記事】
アウンコンサルティングとawoo Japanが業務提携 顧客の相互紹介や共同ソリューションの開発へ
インフルエンサーの選定やハッシュタグをAIで最適化 AIQが「MATCH ENCER」を提供開始
Instagram のハッシュタグフォロー、1位は「#無印良品」【LIDDELL調査】
CCI、GA4を活用したデータ基盤構築サービスの提供を開始 ユーザー行動をデバイス横断で計測・分析
オプトとnehan、企業向けデータ分析支援サービスを共同開発 データ基盤の整備から内製化までサポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/18 16:15 https://markezine.jp/article/detail/37559

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング