SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Twitterで流行するインスタントウィン、その効果を事例で探る(PR)

ゲームの盛り上げに貢献!Yostarに学ぶ、Twitter×体験型キャンペーン

複数回のトレンドイン、ユーザーからも好反応

MZ:ユニークビジョンとの施策によって得られた成果を教えてください。

樋口:施策によって評価軸が異なりますが、どの施策もユーザーに楽しんでいただけました。各施策に対するツイートを見ても「めちゃくちゃクオリティーが高い」「おもしろそう」などポジティブな声が多く集まりました。ゲームを盛り上げる施策として、どれも大きく貢献したと思っています。

MZ:今回の施策を通じて、どのような学びが得られましたか。

樋口:Twitter完結で施策を行うことのメリットが理解できたのは、大きな学びです。似たようなコンテンツをWeb上で行うことはできますが、実装まで工数もかかりますし、作ったものを告知する必要があります。

 しかし、今回「Belugaキャンペーン」を活用しTwitter上でキャンペーンを完結させたことで、工数を削減しつつTwitterの持つ拡散力を活かして多くの方に体験いただくことができ、トレンドインにもつながりました。この学びは今後も活かしていきたいです。

髙橋:「アズールレーンのようなチャットボットをやりたい」「ブルーアーカイブのエンゲージポイント企画をやりたい」など、Yostar様の事例を見てお問い合わせいただくことも多いです。Twitter上で話題になる企画を作るポイントを、Yostar様からは日々学ばせてもらっています。

業界初を立て続けに仕掛けていく

MZ:最後に、今後の展望について教えてください。

樋口:私たちは業界初の取り組みが大好きなので、今後も新しいことにどんどん挑戦していきたいです。「Belugaキャンペーン」の新機能には、これからも期待しています。

 また、今後の状況も鑑みながら、オフラインイベントの開催も検討していきたいです。「Belugaチェックイン」ではTwitterと連動したイベントキャンペーンも行えるので、オフライン上でもTwitterを活用した施策を取り入れたいと思っています。

髙橋:Yostar様はいつも新しい機能を紹介するたびに、素晴らしい企画にして使っていただけています。ユニークビジョンでは今後も月1ペースで新機能をリリースしていきたいと考えているので、今後も新しい機能をYostar様にご案内し続けて、各ゲームタイトルのファンに喜んでいただける企画を作る支援を行いたいです。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Twitterで流行するインスタントウィン、その効果を事例で探る連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/25 10:30 https://markezine.jp/article/detail/37664

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング