SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Twitterで流行するインスタントウィン、その効果を事例で探る(PR)

主催イベントのハッシュタグがトレンド入り!「ふるさとチョイス」がTwitter×リアルに取り組む理由

 日本最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクは、11月16日~17日にかけて「第5回ふるさとチョイス大感謝祭」を開催。会場では、ユニークビジョンが提供するTwitterのQRコードを利用するO2Oソリューション「Belugaチェックイン」を活用し、来場者とのエンゲージメントを強化。Twitterトレンド入りやフォロワー数増加などの成果を上げた。本記事では、導入背景や活用の詳細について、トラストバンクの宗形氏と本保氏、ユニークビジョンの渡邉氏、髙橋氏に話を聞いた。

オフラインイベントの効果を最大化するために、Belugaチェックインを導入

MarkeZine編集部(以下、MZ):最初に、これまでTwitterをどのように活用されていたのか教えてください。

宗形:ふるさとチョイスのTwitter公式アカウントでは、ふるさとチョイスに登録されている全国各地のお礼の品に関する情報はもちろん、各地域の魅力を伝える情報を様々な形で提供しています。その他にも、ふるさとチョイスのブログのシェアや主催イベントの告知に活用しています。

 お礼の品一つひとつが持つストーリーや各自治体の想いを伝えながら、オンラインでフォロワーさんとコミュニケーションをとることに重きを置いてきました。

株式会社トラストバンク 経営管理本部 広報部 部長 宗形深氏
株式会社トラストバンク 経営管理本部 広報部 部長 宗形深氏

MZ:今回、ユニークビジョンのBelugaチェックインを導入したのは、どのような課題からだったでしょうか。

本保:我々はふるさとチョイス大感謝祭というイベントを毎年開催しています。今年は5年目で、1万人を超える参加者にお越しいただきました。

 これまで弊社では、各地域の自治体職員の方々を懇親会やセミナーに招待し、自治体同士のリアルなコミュニケーションを促したり、自治体と寄付者をつなげたりする活動を行ってきました。ふるさと納税をきっかけに、リアルなコミュニティを形成することを重視したためです。ふるさとチョイス大感謝祭もその活動の一環となっています。

 しかしながら、ふるさとチョイスの主戦場はオンラインです。そのため、オフラインとオンラインをつなげる施策が必要となるのですが、そこへの施策は十分ではありませんでした。せっかくリアルな場で築いたコミュニティの熱量をオンライン上に持っていくことができていなかったのです。

株式会社トラストバンク ふるさとチョイス事業本部 地域リレーション部 SVチーム 中日本担当エリア担当リーダー 本保輝紀氏
株式会社トラストバンク ふるさとチョイス事業本部 地域リレーション部 SVチーム 中日本担当エリア担当リーダー
本保輝紀氏

宗形:加えて、イベント参加者の声が外に広がる設計になっていないことも課題となっていました。

 元々ふるさとチョイス大感謝祭は、主に既存ユーザー向けでクローズドなイベントでした。当社から潜在層にアプローチするより、自治体や地域の事業者、生産者の方々と交流したイベント参加者の口コミを起点に認知が広まっていくほうが、地域を応援する気持ちが醸成されると考えていたからです。ただ、来場者の方が口コミをしたくなるような仕組み作りができていませんでした。

 しかし、Belugaチェックインであればイベント参加者がSNSで発信したくなる仕掛けを用意できます。参加者のSNSアカウントを把握し、継続的なコミュニケーションも行えます。まさに、私たちの課題を解決するにはベストなツールだと考えました。

Twitterを活用したO2Oキャンペーンを実現

MZ:Belugaチェックインであればイベント参加者がSNSで発信したくなる仕掛けを用意できるとのことでしたが、どういったサービスなのか教えていただけますか。

渡邉:Twitterアカウントに個別に割り振られているQRコードを端末でかざすことで、チェックインを行うことのできるサービスとなります。チェックインを行ったユーザーには指定時間にリプライやDMを送ったり、アカウントの情報取得を行ったりすることができます。Twitterキャンペーン構築システムの「Belugaキャンペーン」を活用すれば、プレゼントキャンペーンで当落を通知することなども可能です。

渡邉:また、チェックインできる条件を指定することもできます。たとえば、「指定したハッシュタグを付けてツイートした人でないと参加できない」などですね。このように条件を付けることで、イベント参加者へSNSでの発信を促せます。

ユニークビジョン株式会社 ディレクター 渡邉真希氏
ユニークビジョン株式会社 ディレクター 渡邉真希氏

髙橋:これまでの Twitterキャンペーンの場合、フォロー&RT(リツイート)キャンペーンが多く、ほとんどがオンラインで完結していました。Belugaチェックインを使うことで、店舗やイベント会場に来ていただいたお客様のTwitterアカウントを軸に、オフラインとオンラインをつないだキャンペーンが可能になるんです。

ユニークビジョン株式会社 ディレクター/広報 髙橋涼太氏
ユニークビジョン株式会社 ディレクター/広報 髙橋涼太氏

次のページ
ふるさとチョイスは、どうツイート数を伸ばしたのか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Twitterで流行するインスタントウィン、その効果を事例で探る連載記事一覧
この記事の著者

水落 絵理香(ミズオチ エリカ)

フリーライター。CMSの新規営業、マーケティング系メディアのライター・編集を経て独立。関心領域はWebマーケティング、サイバーセキュリティ、AI・VR・ARなどの最新テクノロジー。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/01/24 16:14 https://markezine.jp/article/detail/32609

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング