SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

準備や後片付けなどの工程をレシピに記載 旭化成ホームプロダクツが新たな広告プロモーションを開始

 旭化成ホームプロダクツが展開するブランド「クックパー」では2021年11月29日(月)より、新たな広告プロモーションとして「#真実のレシピ」を公開した。

2021年11月29日(月)朝日新聞朝刊
2021年11月29日(月)朝日新聞朝刊

 同ブランドは「クックをパッと!」をスローガンに掲げ、「クックパーフライパン用ホイル」や「クックパークッキングシート」などの商品を開発・販売している。

 同ブランドが週に5日以上料理を行う300人に向けて調査を実施したところ、約9割が「調理時間以外の準備も含めて料理だと思う」と回答。「献立を考える」や「後片づけ」を含めた合計料理時間の平均は133分となり、その料理時間の64%は調理以外の時間であることが判明した。

調査サマリー
調査サマリー

 この結果を基に、同ブランドは今回のプロモーションを立案。食材の買い出しや調理中のハプニング、後片づけなどの工程も記載したレシピを#真実のレシピと定義し、サザエさんやタレント、同ブランド担当者ら4名分の#真実のレシピを新聞広告やOOH広告で掲示する。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

 さらに2021年11月29日(月)~12月5日(日)の期間、Twitter上でキャンペーンを実施。「食材を刻む…前に子供におやつを渡して時間稼ぎ」「(栄養と冷蔵庫と財布と相談して)献立を決める」など、レシピに書かれることのない行程を一行の文章で投稿したユーザーの中から、抽選で200名に同ブランドの商品5点セットを贈呈する。

【関連記事】
ABCクッキング・カゴメ・旭化成ホームプロダクツ、3社の強みを活かしたタイアップ料理教室を開催
エムアイフードスタイル、食品ロス削減アプリ「Semafor」をクイーンズ伊勢丹の2店舗に先行導入
よく買う冷凍・レトルト食品トップは「ぎょうざ・しゅうまい」【クロス・マーケティング調査】
第2回「日経ウーマンエンパワーメント広告賞」が決定 東海テレビ放送、味の素冷凍食品らが受賞
DM利用率、Twitterでは約3割/保存機能を使う商品ジャンルトップは「食品」【ホットリンク調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/08 13:47 https://markezine.jp/article/detail/37869

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング