SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IAS、世界中の広告主と出版社に向けてコンテキスト機能を強化

 アドベリフィケーション・ソリューションを提供するIntegral Ad Scienceは、世界中の広告主と出版社に向け、ブランド適合性ソリューション「Context Control」の拡張を発表した。これによりデジタル広告配置のコンテキストをより強力にコントロールできる。

 広告主は、IASが提供する300以上のコンテクスチュアルセグメントを入札前に活用することで、望ましくないコンテンツを回避し、キャンペーンに適したコンテンツにターゲットを絞ることができるようになる。また、Adelphic、Adform、Amobee、MediaMath、Yahoo、Xandrなどの主要DSPにContext Controlが統合されたことで、広告主はツールをすぐに利用することができる。

 現在、同社はContext Control Optimizationも世界中の出版社に向けて提供している。出版社はIASと連携することで、コンテキストの設定を広告主のブランド適合性やニーズに合わせ、売上の最大化を図ることができる。

 また、Context Controlセグメントを広告サーバー内で直接アクティブ化して、コンテキストに関連したコンテンツを回避するほか、ターゲティングすることができる。これにより出版社は、同機能を利用することで在庫の収益率を大幅に改善することが期待できる。

【関連記事】
朝日新聞社とIAS、コンテクスチュアルターゲティングサービスを共同開発 ユーザーのプライバシーに配慮
IAS、ブランドリスク除外機能を提供開始 JICDAQの「広告掲載不適切コンテンツカテゴリ」に対応
IAS、ログリーとPre-bidソリューションで連携 配信面の品質を検証し、入札可否を判断
IAS、アドベリフィケーションを体系的に学べるオンライントレーニングプログラムを提供開始
PORTO、IASのPre-bidを拡充 インストリームでもブランドセーフティなどが可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/06 17:15 https://markezine.jp/article/detail/37908

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング