SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニールセン、クッキーレスの未来に備え世界15市場で強化されたデジタル広告測定用IDシステムを展開

 12月10日、ニールセンは、2022年2月1日から順次、日本を含む15市場において、デジタル広告視聴率のために強化されたニールセン・アイデンティティ・システム(以下、ニールセンIDシステム)をリリースすることを発表した。

 同システムの改良により、より正確なデジタル広告測定が可能となり、クッキーレス環境が進む将来においてもデジタルインプレッションが配信された数十億台のデバイスを視聴者属性と共に「人」と結びつけることができる。

 ニールセンは、クッキーやモバイル広告IDが規制され、使用できなくなりつつある問題に対処するため、また、ますますメディアが細分化されていく未来に備えて、今年7月にデジタルオーディエンス測定の改革を発表した。

 ニールセンIDシステムは、ニールセンがメディアエコシステム全体で、相互運用可能な方法で受け取るアイデンティティデータを統合するためのシステム。

 広告主やパブリッシャーは、デジタル広告が視聴された際に、視聴者属性が適切に割り当てられ、デバイスベースではなく真に「人」ベースでの広告効果を把握するために、モバイルとPCのプラットフォーム間で視聴者の重複が排除されているニールセンの測定を利用できる。

 同システムは、2月1日に英国・イタリア・フランス、4月1日に日本・オーストラリア・インド・ドイツ、5月1日にスペイン・ブラジル・インドネシア・カナダ、6月1日にシンガポール・メキシコ・タイ・香港で順次リリースされる予定。また、同社は、2022年上半期にこれらの市場導入を行った後、他の市場でも順次ニールセンIDシステムをリリースする予定。

【関連記事】
ニールセンデジタルコンテンツ視聴率にYouTubeの測定が追加、月別視聴者数など提供へ
視聴者数が多い女性誌のデジタルメディアは、Oggi.jpとananweb【ニールセン デジタル調査】
若年層ほどCTVの利用が多い/若年層は複数人で視聴する共視聴が増加【ニールセン調査】
若年層のTVer利用回数が52%増 ニールセン、五輪が開催された7~8月のメディア視聴状況を発表
1ヵ月間で最も視聴者数が多かったデジタルコンテンツは?【ニールセン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/10 17:45 https://markezine.jp/article/detail/37946

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング